タグ別アーカイブ: 力士

体重3桁超え、そこからは才能

皆様、こんにちは!

いよいよ8月に入り、夏本番の暑さが顔を出してきたように感じられます。

名古屋場所は大関陣が全員休場し、盛り上がりに欠けるかのように思われましたが、二横綱が安定した取り組みで白星を積み重ね、千秋楽まで優勝を争い場所をビシッと締めてくれました。

しかしながら、今場所の幕内の土俵を大いに盛り上げたのは、やはり炎鵬関照強関、この二人の小兵力士でしょう。両力士ともに、170cmに満たない大相撲の世界ではあまりにも小さな身体ながら、今場所の技能賞と敢闘賞をそれぞれ受賞する大活躍を見せました。

同じ小兵力士でありながら、二人の相撲スタイルは全くの正反対。

炎鵬関はスピードで相手を翻弄し、相手の懐に潜りこみながらの変幻自在の投げ技は大型力士にとっても脅威です。その端正なルックスと多彩なひねり技のレパートリーから「ひねり王子」とも呼ばれています。

一方の照強関は、筋肉質な体型と強靭な足腰、そして何よりその顔つきや佇まいから滲みでる負けん気の強さ。時に足取り等の飛び道具も見せながらも、基本は誰が相手であろうと真っ向勝負。時には自分の倍はあろうかという力士を吊り上げ、真正面から電車道で寄り切ることさえあります。

近年力士の大型化が取りざたされている中、上記二力士のみならず、石浦関、若隆景関を含む大波三兄弟、霧馬山関の活躍を見るに、今角界に小兵力士あるいはソップ(細身)力士の波がじわじわと起こっているのを感じずにはいられません・・・!

さて、来月は舞台を再び東京・両国国技館に戻し、9月場所が始まりますが、同じく東京で開催されるランニングイベントの紹介です。

-TODABASHI 30K (トダバシサーティーケー)-

年明けのフルマラソン対策に、5パターンのペースから、⾃分に合ったペースメーカーを選んで記録を狙おう!<4.00 4.30 5.00 5.30 6.00>会場内にはコンディショニングブースを設置して、レース前後にランナーをしっかりサポートします。

↓エントリーはこちらから↓

https://jtbsports.jp/events/events-detail.php?id=7047

ちなみに、角界の用語で大食いの事を「えびすこ」と言うそうです。ごっつあんです。

荒れる春場所、胸を張る場所

お久しぶりです。スクネです。

去る3月14日(木)、大相撲春場所を観に行って参りました。
会場は大阪府立体育会館、またの名をエディオンアリーナ大阪です。

難波駅からおよそ徒歩五分、会場を目指して歩く中、ビル街から突如として聞こえてくる寄せ太鼓の音!
会場内では家族や後援者に声をかけられている地元力士、取り組み前のカチコチの新弟子、バチバチの緊張感漂う関取衆と悲喜こもごも。

何よりかにより、テレビや写真では決して伝わらないその力士達の大きさたるや、まさに肉の岩山。本当に想像の3倍は大きいです。本当に。

私の個人的推し力士、霧馬山関(今場所から一流の力士、関取の証たる敬称「関」呼び・・・!)は残念ながら負けてしましましたが、今場所は中日の時点で白星先行、勝ち越しに向けて順調に前進しております!

また、大怪我から復帰を果たした、いぶし銀のベテラン、安美錦関にも会場からは毎度ながら大きな声援が飛んでいました。

力士といえば、安美錦関のように「~錦」、「~山」、「~ノ海」といった力士特有の四股名が個性的ですが、さくらんぼでも山形の「佐藤錦」という四股名のような素敵な名前のブランドが有名ですね。そんな佐藤錦、ひいては山形の素晴らしさを広めるべく開催されるイベントの紹介です。

~第18回 果樹王国ひがしねさくらんぼマラソン~
開催日:2019年6月2日(日)
種目:ハーフマラソン、10km、5km、3km、ファミリーの部

ハーフマラソンではコース途中で冷たいさくらんぼの提供もあります!もちろん参加賞には地元の名産、さくらんぼも!
山形といえば、白鷹山関が昨年夏場所に新十両昇進を決め、10年ぶりに山形から関取が誕生しましたね!大卒エリート力士が土俵を席巻する昨今、期待の中卒叩き上げ力士です。

ところで、お相撲さんのあの大きな体作りを支える食事といえば、ちゃんこですね。ちゃんこと言えば具沢山の鍋を想像しがちですが、この「ちゃんこ」、厳密には力士の作る料理全般を指します。マカロンであろうが、アヒージョであろうがちゃんこです。

宜しくお願い致します・・・。

攻めと守りの 十五尺。

みなさま、こんにちは!
今回のブログを担当するスクネです。

映画と音楽、そして大相撲をこよなく愛する
JTBスポーツステーション担当2年目のスタッフです。

私の担当する回のブログでは、

スポーツイベントのオススメ情報やお得な情報

個人的大相撲のオススメ情報をお届けします。
むしろ、ほぼ相撲です。相撲ブログです。

幕内優勝力士予想や注目の新人力士、そしてベテラン・期待の若手・伸び盛りの外国人力士まで上位と下位が関取の座を賭けて鎬を削る幕下相撲まで、大相撲の魅力をあますことなく(スポーツイベントの情報も交えつつ)お伝えします!

これで貴方も好角家・・・。

新年早々、横綱稀勢の里関の引退、そして相次ぐ怪我、力士達の休場と、波乱の1月場所でしたが、ベテラン玉鷲関の初優勝に加え、御嶽海関、貴景勝関を筆頭とした若手力士の台頭、そして何より個人的推し力士、モンゴル遊牧民出身のホープ霧馬山の新十両昇進(!!!!)など、嬉しいニュースも多い場所でした。

2019年は角界の勢力図が大きく変化する激動の1年になることは間違いないでしょう・・・!

大相撲といえば、その激しさ、過酷さは他のスポーツと比べても群を抜いていますが、その大相撲にも匹敵する過酷な耐久レースが今年も開催されます。

開催場所は、和歌山県は高野山、まさに世界遺産のど真ん中!
6月9日(日)開催、【高野山・龍神温泉ウルトラマラソン2019】が只今エントリー受付中です!

大会当日は高野龍神スカイラインを全面通行止めにし、ランナー達は世界遺産の町を舞台にした壮大な景色の中を駆け抜けます。昨年度より更に充実したゴール後のおもてなしやイベント開催、ランナー同士の交流のきっかけとなるニックネームゼッケン配布等、ウルトラランナーの輪を広げるきっかけとなること間違いなしです!

ぶつかり稽古のごとく過酷な100kmコースだけではなく、ウルトラマラソン新弟子の登竜門、日帰り参加可能な50kmコースもエントリー受付しております。

↓エントリーはこちらから↓
https://jtbsports.jp/events/events-detail.php?id=6709

↓大会情報はこちら↓
http://jtbsports.jp/contents/koyaryujin/index.html

ちなみに、名前に「~関(ぜき)」を付けて呼ばれるお相撲さんは十両以上の力士(普段私たちがテレビ中継等で見かけるような上位のお相撲さん)のみです。月給が支払われ、付け人が付いたり、大銀杏を結ったりすることができるのも十両以上からです。
「関取」と言われる力士も彼らのみで、幕下以下の方は厳密には「力士養成員」と呼ばれます。

それが一番大事・・・。