北欧 特派員レポート 

省エネ家電の買い替えに付与される「エコポイント」も、どうやら5月15日ころに実施されそうです。エコといえば、なんとなく「北欧」のイメージが浮かびますが(私だけですか?)、その北欧・デンマークから、K特派員が北欧のランニングスタイルについてレポートをお送りします。

▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽
日本では空前!?のマラソンブームと聞きます。
ここ北欧諸国のひとつデンマークでも、マラソンに対する熱さは負けていません。むしろかなり加熱気味。

雨でも、雪でも、池が凍るほどの寒さでもデンマーク人は走りつづけます。
サマータイムが始まった4月以降、ランニング人口は増加の一途を辿ります。公園、池の周りは勿論のこと、歩行者道や自転車道を怖ろしいほどの勢いで駆け抜けていくデンマーク人達。男子平均身長182cm、女子平均身長172cmの方々の走りっぷりはさすがにダイナミックです。

マラソン大会もかなり充実しています。
この時季、毎週のようにどこかで大会が開催されています。5キロ、10キロのテストマラソン、ハーフマラソン、フルマラソンと内容も様々。それぞれの実力、やる気、コンディションに合わせて申し込みができます。
中には平日の18時スタートという変わり種もあり、夏の夜の長さと、個人の時間を大事にするデンマークらしさが伺えます。

エイドステーション
エイドステーション

ゴールエリア
ゴールエリア

ペースランナー
ペースランナー

さすがに大きな大会は人数制限にかかることもありますが、東京マラソンのように倍率7倍!なんてことにはなりません。このあたりは人口500万人の小国の利でしょうか。

デンマーク人には負けてはいられないと、在デンマーク日本人の我々も参加しています。
最終目標は5月24日のコペンハーゲンマラソン完走。
コペンハーゲンマラソンは、1万人近くが参加するデンマークの一大イベントです。美しいデンマークの街並みを走り抜けるこの大会は、世界中のランナーからも愛されています。

デンマーク人の大胆なスライド走法に翻弄されつつも、地道なピッチ走法で日々練習を続けています。気分だけは日本代表選手ですが、果たして目標どおり完走できるのでしょうか。
本番1ヶ月前にして老体が悲鳴をあげています!!

△ △ △ △ △ △ △ △ △ △ △ △ △ △ △ △
コペンハーゲンマラソンのホームページはこちらから(残念ながら日本語はありませんが・・・)
結果は、きっとまたレポートが入ると信じています。それにしても、デンマークの方々のイメージは、サッカー好きの私には、メキシコワールドカップで爆発的なドリブルで得点を重ねた「エルケーア」です。女子の平均身長で既に敗北している私にとって、1万人のエルケーアが走っている姿を勝手に想像し圧倒されています。東京マラソンの35,000名、先日の長野マラソンの8,000名もすごいですが、コペンハーゲンマラソンも面白そうですね。身長では勝てませんが、日本人らしく今週末のとくしまマラソンでコツコツと負けないように頑張ろうと思います。

土田選手ボストンマラソンV3おめでとうございます

GWも迫ってきました。皆さんのご予定はお決まりですか?
スポーツをしたり見たりするには良い季節になってきました。長野マラソンも盛況のうちに終わりましたが、私も今週末の「とくしまマラソン」に参加します。ただ、今年は例年と比べて気温が高めなので完走できるか心配です。そんな心配をしていると、改めてスポーツって、暑さや、風、雨など自然との戦いでもあるなぁと感じました。

そんな中で、朝日新聞の夕刊のスポーツコーナーで「自然とスポーツ」について考えさせられた記事が掲載されていました。
ひとつは、「向かい風」をものともせず、ボストンマラソンの車いす女子の部で、土田選手が見事V3を達成しました。本当に凄い偉業です。悪条件の中でも自分の力を出し切れるのは、普段からの努力と強い意志が必要だと思います。私も、暑いくらいで弱音を吐かず頑張ろうと勇気づけられました。

また、改装なった甲子園球場や、大リーグの新ヤンキースタジアムでは、ホームランがでやすくなったとのこと。おそらく風向きなどが変わったのではないかとのことですが、これからその特性を理解してうまく活用したチームが有利になるのでしょうね。これも一種の自然との戦いだなと感じました。

そろそろJTBスポーツステーションデスクが入っているビルも早朝・深夜は蒸し風呂になってきます。パソコンを打ちながら、自然?と戦い、ちょっと粘り気のある汗を流すことになりますが・・・、仕事で大切なので、頑張らないといけません!でも、やっぱり青空の下ですっきりと流すた汗は、気持がいいですね!!(でも紫外線にはご注意を。)
でも、温泉で流す汗もいいなぁ~・・・と、GWは何をしようかと考えています。

皇居ラン情報 VAAMイベント

イベントの様子です
イベントの様子です
長野マラソンも盛況なうちに終わり、今週末は春のマラソン大会の人気大会の一つ「とくしまマラソン」も開催されます。これらの大会に参加する(参加された)、市民ランナーの方も多いと思います。今回は、その市民ランナーの聖地・皇居でトレーニングされる方に、面白いイベントがありましたのでお伝えします。

先週末4月17日(金)に、出張や勤務後に皇居ランを楽しむ方が知る人ぞしる麹町の銭湯「バン・デゥーシュ」でVAAMのイベントが開催されていました。「毎月17日はVAAM DAY」の大きなバナーとともに、ランナーの皆さんがおいしそうに試飲されていましたので、目にされた方も多かったと思います。
「VAAM」については、ドリフターズの高木ブーさんや高橋尚子さんのCMなどで目にされた方も多いと思います。今では、スポーツ系の雑誌にスーパーバームの広告など良く目にします。実は私はバームウォーターは何度か飲んだことがあったのですが、今回初めて「スーパーバーム」を試飲しました。もっと癖があると思ったのですが、全くそんなことはなくパイナップル風味でむしろ普通のスポーツドリンクよりおいしかったです。
当日はあいにくの小雨でしたが、17種類のアミノ酸パワーの説明などを聞いたりして、いつもよりがんばってしまいました。しばらく継続して試してみたく思いました。
ところで初めて知ったのですが、バームウォータはカロリーゼロなんですね。スポーツドリンクは少なからずカロリーがあるもののと思い込んでいましたので、びっくりしました。不勉強ですね・・・。ダイエット目的でランニングをされる方も良いですね。

このイベントは、毎月17日に開催されるようです。次回は、5月17日のようです。
抽選会なども開催されるようですので、皇居ランをご計画の方は参加されてみては?

JTBスポーツステーションでは、皇居ランのコース紹介をしています。皇居周辺のホテルや、GWのお出かけ先のご宿泊などもこちらからお探しいただくこともできますので、宜しければご利用ください。

長野マラソン 特派員レポート

「第11回長野オリンピック記念長野マラソン大会」は、
この時期の長野にしては暑いくらいの陽気の中、無事に終了しました。
参加された選手の皆さん楽しんで走れましたか?
長野マラソンといえば、先着順のエントリーが今年は数時間で定員になったというほどの人気大会。
今年は27カ国から8,000人以上の選手がエントリーし、大会も盛り上がりました。
地元長野市出身のJTBスポーツステーション特派員Sも、
4年ぶりに長野マラソンを観戦してきましたので、レポートします。

■4月18日午後(大会前日):長野到着
長野駅ホームに下りると、人・人・人。
今年は7年に1度の善光寺ご開帳開催もあって、流石に混雑の模様。
改札を出ると、早速マラソン歓迎イベントがやっていて、
ここから気分も盛り上がります。

長野マラソン歓迎イベント
長野マラソン歓迎イベント

続いて選手受付会場のビックハットへ。
多くのスタッフが暖かくランナーの皆さんを迎えていました。

受付会場①
受付会場①

受付会場②
受付会場②

更に足を伸ばして、エムウエーブ方面までコース下見に行ってみると、
今の長野はちょうどこんな感じ。
image0028

桃と梨の花が満開!!桃源郷のように咲き誇る花を見ながら、
長野の春を楽しみながら走れるのも長野マラソンの魅力の一つ。

最後は善光寺参拝へ。「皆さん明日完走できますように!!」

■4月19日(大会当日)
観戦ポイントはスタートから5キロ地点の善光寺手前付近。
コースの中では一番勾配が厳しい場所です。

8時30分:スタート時間にあわせて、和太鼓の応援が始まります。

和太鼓の応援
和太鼓の応援

8時47分:先頭集団が来ました。
優勝した招待選手のマチャリア選手も通過していきます。
その後一般選手も続々とやってきます。
招待選手と一般選手が一緒に走れるのも、長野マラソンの魅力の一つのようです。
続々とやってくる選手に応援する側も熱が入っていきます。
「頑張れー、頑張れー。」
手を差し出しながら応援している子供、応援幕を持っている人、
中には三重県から夜行バスで応援にきたという女性もいました。
この沿道の声援がランナーの皆さんを力づけ、勇気をつけるのですね。
その意味では応援の皆さんも大会を盛り上げる参加者なんだなあと実感しました。
image00212
image00213

9:時07分:特派員知人のY氏(長野市在住)が通過。
去年に引き続き2回目の挑戦。
練習のし過ぎで3月に足を故障したのが不安材料とのことですが心配なさそう。
今年も完走が期待できます。
9時:12分:特派員知人のT夫妻(東京在住)がそろって通過。
初出場。半年間の練習では20キロメートルまでしか走ったことがないので
完走できるか不安とのことでしたが、この時点ではまだまだ余裕です。
9時22分:最終車が通過し、応援終了。

大会は順調に進み、招待選手のケニアのマチャリア選手が
2時間11分21秒で4年ぶり2回目の総合優勝。
選手のみなさん、スタッフの皆さん、本当にお疲れさまでした。

さて、特派員の知人の結果はというと、
Y氏:4時間31分04秒で完走。
   「前半飛ばしすぎがたたって、昨年より20分も遅かった、くたびれた」とのこと。
   また来年も頑張ってくださいね!
T夫妻:5時間03分02秒で完走。
   「35キロ地点が一番辛かったが、とにかくひっきりなしに続く
   沿道の声援が励みになった、長野の人の温かさが分かった。」とのことでした。

完走後のT夫妻
完走後のT夫妻

今年の長野マラソンも参加された選手、応援をされた皆さん一人一人にとって、
思い出に残る大会になったのではないでしょうか?
懸命に走る選手の皆さんを観て、特派員も来年は是非参加しようと思っています。

最後に・・・・現在長野では5月31日まで善光寺ご開帳が開催されています。
高速代金の割引制度もあり、アクセスしやすくなりましたので、
ゴールデンウイークの予定が未定の方、是非春まっさかりの長野へ
訪れてみてはいかがでしょうか?
詳しくはJTBスポーツステーションまでお問い合わせください。
(ご宿泊はインターネットからもご予約いただけます)

新(珍)ランニングスタイル<その1> 「暗闇ランニングのススメ」  ~JTBスポーツステーション サンデー版~

激烈なエントリー競争をくぐり抜け「長野マラソン」に参加された皆さん、結果はいかがでしたか?ちょっと高めの気温だったようですが、優勝したマチャリア選手は2時間11分台で走り切ったようですね。ゲストランナーの高橋尚子さんも、「Qちゃんスマイル」を振りまいていました。彼女の走っている姿を見ると、本当に走るって楽しそうだと感じます。4月26日には「とくしまマラソン」も控えています。ランニングブームはまだまだ続きそうですが、Qちゃんではないですが、スポーツは本来楽しいもの、プロでない私たちは楽しくてナンボだと思います。そこで、楽しいスポーツライフを過ごすための新しい提案??ちょっとしたひねり??をこれから連載していきます。第1弾として、胸から血を流しつつも飲み続ける男・M氏からの「暗闇ランニングのススメ」をご紹介します。

==================
4月は何かを新しくスタートするにはピッタリな時期ですね。これを機に、新たにジョギングを始めた方や再チャレンジした方もおられることでしょう。そこに必ずついてくる問題が「マンネリ」という大きな壁。
そこで、今日は、ジョギング暦20年の私が、特別に「誰にも教えたくないマンネリ解消法」を伝授させていただきます。これがハウツー本なら「もうマンネリなんてこわくない」とか「驚きのマンネリ解消術」・・・・というところでしょうか?
さて、今話題(?)の「暗闇ランニング」とは・・・
その名のとおり、夜にジョギングするだけです。ところが、ところが、これが決して侮れません。まずは、成功のための前提条件からお教えしましょう。
①走りなれたコースを選ぶ。なるべく街灯も無い暗いコースがベター。
この「暗闇ジョギング」は、死と隣りあわせとなるサバイバルランニングですので、必ず走りなれたコースを選ばないと危険です。
②折り返し地点で、ちょうど真っ暗になる時間を選ん走ること。
前半はいつもと同じジョギングですが、暮れゆく雰囲気の中、これからはじまるスリルと冒険に、嫌でも気持ちが盛り上がります。寂しげなBGMがあれば、さらに効果的です。

では、いよいよ折り返し地点、「暗闇ランニング」をはじめましょう!
 すっかり日が落ち、街灯も無いジョギングコースでは、すれ違う人も無く、この地球にいるのは自分一人だけ、『世界は俺の手の中に!』という気分です。
真っ暗闇の中を黙々と走り続け、前半の疲れも出はじめた頃、遥か遠くに光るものが・・・二つの怪しげな光が見えてきます。一瞬にして『オオカミにねらわれた子羊』と化した私は、なるべく足音をたてずに、息を殺しながら、ジョギングを続けます。私はこれを「忍び足ランニング」と呼んでいます。オオカミの鋭い眼光が私を捕らえて離しません。家族や子供の顔が目に浮かぶ瞬間です。ちょうどその時、背後からシュッ、シュッという足音が・・・暗闇ランニング同好会(注)の一人に違いありません。「死ぬときはこの人と一緒」という連帯感が私たちを一瞬にして結びつけます。彼は、声もかけずに、もの凄いスピードで私を追い抜いていきます。オオカミなんて怖くない!まさにブレーブランナ-、世紀のヒーロー、「置いていかないで~」という気持ちにさせてくれます。その間にもオオカミは確実に私たちに近づいてきます。そして、すでに私の目からはうっすらとしか見えなくなったブレーブランナ-にオオカミが接近!!!「この道、このままずっと車で抜けれますか?」
いまだ体の震えがとまらないまま、ジョギングを続ける私の背後から、新たなランナ-の足音が聞こえてきます。きっと暗闇ランニング同好会の一人(注2参照)、しかも、かなりのハイペース、恐らく本物のランナーです。ところが、いつまでたっても私を追い抜いていきません。ジョギングは紳士のスポーツ、ひょっとして前にいる私に遠慮しているのかも・・・あえて追い抜きやすいようにペースを落とし、すこし脇に寄ってみます。追い抜かれるときには、余裕を見せながら「ファイト!!」と声をかけてみよう。ところが、いつまでたっても、本物ランナーは私を追い抜く気配がありません。むしろ奴は本物のジェントルマンなのか?今度は、思い切ってペースを上げてみます。するとヤツも確実に同じようにペースをあげ、同じ間隔を保ってきます。
ん?これはおかしい・・・ヤツは『雇われヒットマン』に違いありません。「何か見てはならない事件でも目撃したのか」記憶を辿ります。「私は無実だ!」と叫びたいが、恐怖で声もでません。また、家族の顔が浮かびます。「今までありがとう。幸せな人生でした。」と心の中で念じます。いやいや、まだまだ二人の子供を残して、こんなところで朽ち果てるわけにはいきません。「そうだ、もう少し行けば確か民家があったはず。さすがにやつもそこでは手を出せまい!」急加速をします。当然奴もペースをあげます。一か八か、普段は通り過ぎる曲がり角を右折、民家のあるエリアまで猛ダッシュ!
チャンスを失ったヒットマンはもう見えません。私はヒットマンに勝ったんだあ。

しかし、生きている喜びを感じたのも束の間、いつの間にか全く知らない道を走っている自分。周りは真っ暗、しかも、どんどん山の中に入っているような気がします。明日の朝刊に躍る「ジョギング中の男性行方不明。謎の失踪」という一面記事が目に浮かびます。ヒットマンとの激しい死闘を終えた私には、今来た道を引き返す体力も気力も残されていません。それに、オオカミやヒットマンが戻っているかもしれない。もう前に進むしかありません。
信じる者は救われます。神は私を見捨てなかった。向こうに見慣れた(注:通いなれたではありません)ラブホテルのネオンが・・・一瞬にして『奇跡の生還者』となった私。ゴール地点には、すでに聞きつけたテレビや雑誌のカメラマンが私を待っているかもしれません。さわやかな笑顔でゴールしなければ・・・
 そして、今日のトレーニングは、無事に終了します。もうどのくらい走ったのか、どこを走ったのかさえわからなくなっています。
 いかがでしたでしょうか?恐らくこれを読まれた貴方は、もう今日の夜が待ち遠しくて仕方ないはずです。もうマンネリなんてありえません
注1:暗闇でのジョギングは、走るだけでも危険が伴います。くれぐれも熟知したジョギングコースをお選びください。それとほんの少しばかりの想像力をお忘れなく。
 注2:暗闇ランニング愛好者は、全国に数万人規模で存在すると思われますが、現在公の同好会組織派は存在しません。

明るい沖縄の空の下で
暗闇ではないですが、明るい沖縄の空の下で・・・(写真はイメージです。)

====================

いかがでしたでしょうか?ちなみにM氏は関西地区のN県在住です。送別会で行ったぶっ通しの飲み会を「送別会マラソン」と自ら銘打ち、先頭集団で走りきったM氏らしいイマジネーション溢れる新しいランニングスタイルの紹介でした。今後もスポーツを愛する皆様が拡大するよう、お役に立つ?新しいスポーツの楽しみ方をご紹介していきます。

シドニーマラソン

「いろいろな場所で走りたい」というランナーさんは多いと思います。
その選択肢は海外も。

タイ、北朝鮮、世界恐慌と、世界の情勢の話題が連日のように
ニュースで取り上げられていますが、現在ホットな海外(マラソン大会)は
何なのでしょうか。

本日は私がおすすめするマラソン大会、
「シドニーマラソン」についてご紹介します。

先月の東京マラソンは、メディアでも大変な話題になりましたが、
シドニーマラソンも同じシティマラソンという部類に入ります。

シドニーという都市と言えば、2000年に行われたシドニーオリンピックでの
高橋尚子さんの金メダルが思い浮かびますが、シドニーマラソンはその翌年、
2001年から開催され、なんと第1回大会には高橋尚子さんと小出監督が
ゲスト出演しています。

実は先日シドニーマラソンの事務局の方とお話しする機会がありました。
大会当日は、ゼッケンを付けていると、バス、フェリー、電車が、
無料に利用できるのだとか(一部例外もあります)
街をあげて、マラソンを盛り上げているところは、日本と同じですね。

一番の魅力は、ハーバーブリッジを走れることだそうです。
一年に一度封鎖されるハーバーブリッジ、爽快でしょうね。

シティマラソンには珍しく、フルマラソン、ハーフマラソン、
ブリッジラン(9キロ)、ファミリーラン(4キロ)と種目が豊富なことも
魅力です。

今年度は、9月20日(日曜日)に開催されます。
秋のゴールデンウィークに重なっている時期ですので、
皆さんもこの機会に、高橋尚子さんが金メダルを取ったあの感動を、
シドニーマラソンで体感しませんか?

済州島のウォーキング・マラソンに参加しませんか?

韓国の済州島をご存知ですか?緯度は長崎と同じ位で、韓国の南海域にある周囲約200kmの島です。最近は韓国映画の撮影もよくされていて、「チャングムの誓い」や「オールイン」などのロケ地でもあります。食事も本格的な韓国料理だけでなく、周辺海域は対馬海流によって恵まれた漁場でもあり、活きのいい蛸などの刺身も非常においしいです。また、先週は石川遼や片山晋呉で盛り上がったゴルフも20近くのコースが存在します。
 その地で、5月にウォーキング大会と6月にマラソン大会(フル、ハーフ、10km)が開催されます。済州特別自治道の後援もあり、前夜祭パーティーもご招待いただきます。5月は平均気温が最高で21℃、最低が14℃、6月は最高が24℃、最低が17℃と非常に過ごし易い気候でもあります。
 ウォン安の旅行で一番人気の韓国の中でも済州島というリゾートアイランドで、スポーツを楽しみませんか?もちろん夜はカジノでもお楽しみいただけます。皆様のご参加をお待ちしております。
JTBスポーツステーションでは、済州島のウォーキング大会やフルマラソン大会にご参加いただけるツアーをご用意しています。ツアーの詳細はこちらからご覧ください!!!(サッカー日本代表応援ツアーなどたくさんのツアーがありますので、上記からアクセスいただき、スクロールいただきますと掲載されています。)
 チャルプタカムニダ!!

JTBスポーツステーションでスポーツイベントへの申込も宿泊も!