カテゴリー別アーカイブ: Qちゃん

明石市無錫市友好都市提携30周年記念駅伝大会終了

10/29(土) 明石市・無錫市友好都市提携30周年記念駅伝大会が開催されました。
さわやかな秋晴れの中、無錫市から中高生選手団も参加し、白熱したレースが繰り広げられました。
ゲストのシドニー五輪金メダリスト高橋尚子さんは、自らマイクを持って走者を積極的に応援し、
同走したりハイタッチを交わしたり・・とサービス満点で大会を盛り上げておられました。
Qちゃんはイメージ通りの明るいキャラクターですね!改めて私もファンになりました。
大会を通じて「きずな」を深めた参加者の皆様方には大変いい思い出になったのではないでしょうか。

大会結果はこちら

シドニーマラソンに参加しました

もうすぐ大会が近づいてきましたシドニーマラソンに昨年参加しました!!
私が参加したのはブリッジラン9kmコースです。
昨年はシドニーに住んでいたので、いつも電車で通っているハーバーブリッジを
走るイベントに是非参加したいと思い、友達と参加しました!
当日は天気もよく、寒くもなく最高なマラソン日和でした。
景色もハーバーブリッジからオペラハウスが見え、最高です。

私と友達はタイム関係なくのんびり写真をとりながら走っていました。
完走した人にはメダルがもらえます。

とてもいい経験になりました。
みなさんも是非、機会があれば参加してください!
幣社ルックJTBでシドニーマラソンツアーを販売しております。

サブスリーへのチャレンジ(5)~日食と初マラソン(その2)

9月20日に開催されるシドニーマラソン。シドニーでマラソンといえば、たぶん多くの人が「高橋尚子さん」と答えると思います。ルックJTBで好評受付中のシドニーマラソンでは、高橋尚子さんと会えるオプショナルツアーをご用意しています。私もQちゃんのランニング教室に参加したことがありますが、Qちゃんの持つ明るさは周りを元気つけてくれます。ぜひこの機会に、シドニーマラソンにチャレンジしてみてください!!詳しくはこちらからご覧ください

また、ホノルルマラソンツアーも好評発売中です!!

一生に一度チャンスがあるかないかの、日食もいよいよ明日になりました。
皆さんは日食グラスは準備されましたか?直接太陽を見ると危険なようです。フィルムの切れ端ならOKとどこかで見た記憶もありますが、これもダメとのこと・・。いったいどうすれば・・。国立天文台のホームページにこんな記事がありましたので、ご参照になられてはいかがでしょうか?
でも、それより何よりお天気が・・・・、ヤバイですね。雨の日はどんな風になるのでしょうか。

さて、日食とは何の関係もありませんが、そのワクワク感や不安感は何となく似たところがある、初マラソンへのチャレンジの続きを書きます。前号では中途半端に終わってしまいすみませんでした。

さて、淀川大阪市民マラソン当日の11月2日は、内山先生の本のとおり、スタートの3時間前までには起きて、コンビニでまで軽くジョギングをしながら、これまた本のとおりの食料で朝食。その後、前もって調べた時間のとおりに、会場へ向かいます。電車の中では、それらしい方がいて思わず「同志よ」という気持ちになりました。会場が近づくにつれて出場者ばかりになります。これで、会場まで迷うこともありません!最寄り駅について、人の波に乗って進みます。しばらくすると河川敷の公園が眼下に広がり、巨大なテントや何百人(何千人)という人が集まっています。このような大会に参加するのはまったく初めてですので、右も左もわかりませんが、回りの人についていくと自然に受付に着きました。そこでは、参加種目・ゼッケン番号ごとに分かれていて該当の場所にいくと、ゼッケンなどが入ったセットを交換でもらいます。そのあと少し落ちついて周りを見回すと、更衣室や荷物置場、仮設トイレなどが目に入ります。それほど寒くないので、まずは更衣室で着替えをして、荷物を預けました。ここでまたひとつ学習をしましたが、ゼッケンって慣れないとつけるのに苦労しますね。皆さんは安全ピンを横向けにつけますか?それとも縦につけますか?私は縦派です。中には、更衣室を利用せず自身でシートを敷いて荷物置場にしたりしている方もいます。
といろいろとしていると、いつの間にか仮設トイレには長蛇の列!ヤバイと思い並びましたが、刻々とスタートの時間が迫ってきます。何とかスタート5分前にスタートラインへ向かうことができました。

*なかなかスタートができませんが、初めて大会に参加される方には、こんな素人の体験談がご参考になるのではと思い、思い出しながら書きました。
次回は、いよいよスタートですからゴールまでです。

<<会員登録キャンペーン>>
8月30日まで会員登録記念プレゼントキャンペーン実施中!!
詳しくはこちらから

元気でっせ!関西 第1回なにわラン

東京都議選も終わり、衆議院も解散し選挙も8月30日に行われるようです。
本日は、7月12日にリレーマラソンを中心に行われました「元気でっせ!関西 第1回なにわラン」の第3弾レポートを掲載します。

今日のテーマは、頑張った人たち!

雨の予報から一転し、真夏の空の下で一人でチャレンジする「チャレンジ マラソン&ウォーキング」は耐久レースとなりました。
その中で、見事完走して優勝されたのが杉本さんです。
たっているだけで眩暈が起こりそうな中で、一人でフルマラソンを完走されたその体力と精神力にはただただ脱帽しました。杉本さん、おめでとうございました。

チャレンジ優勝 杉本さん
チャレンジ優勝 杉本さん

また、ほかの方もあの状況で本当に健闘されたと思います。本当にお疲れ様でした。

リレーマラソンでは、ほとんどのチームが完走されました。トップは「チームしんちゃんズ」で、2時間51分
で優勝!!タイムは2時間51分53秒でした!

リレー優勝 チームしんちゃんズ ゴール!
リレー優勝 チームしんちゃんズ ゴール!

キッズの部では、1500メートルを4分54秒で、高松 望 ムセンビさんが優勝しました!!中学校3年女子の歴代最高記録が4分21秒41ですので、将来が非常に楽しみです!!

キッズチャレンジ優勝 高松 望 ムセンビさんと2位の智美 ムセンビさん
キッズチャレンジ優勝 高松 望 ムセンビさんと2位の智美 ムセンビさん

大会の詳細は、改めてホームページでご紹介します!!

P1050296

スパーヴァームで頑張りました!
スパーヴァームで頑張りました!

なんと、シドニーマラソンのオプショナルツアーで、高橋尚子さんと会える!!
詳しくはこちらから

週末だけで海外で駅伝ができる!
詳しくはこちらから

*現在会員登録キャンペーン実施中です!
  スポーツにまつわるグッズが当たるチャンス!
 皆様のご応募お待ちしております!

サブスリーへのチャレンジ(2) ランニングスクール+Q  ~フルマラソン初挑戦へ

今日は、Qちゃんこと高橋尚子さんがコーチとして市民ランナーを指導してくださる「VAAM presents ランニングスクール+Q in 大阪」が大阪 長居陸上競技場で開催され参加してきました。

実は、高橋尚子さんの出身中学である藍川東中学と、私の出身中学は数キロしか離れておらず、当時所属していたサッカー部の試合で行ったこともありましたので、勝手に親しみを持っていたのですが、初めて間近でみるQちゃんは、テレビで普段見ている以上に親しみやすく、笑顔がとても素敵な方でした!!

スクールは、トークを交えながらウォーキングも含めて様々なメニューがあり、あっという間に時間が過ぎました。暑い日でしたが、途中休憩時間にはヴァームで水分補給!本当に面白いイベントでした。

ヴァームで水分補給
ヴァームで水分補給

そのイベントの中で、最も印象に残ったのはQちゃんのベスト記録と同じスピードを体験するメニューです。これって、ほとんど全力疾走・・・。改めてトップアスリートのすごさを実感しました。そんな世界でも笑顔を絶やさずランニングの楽しさを広めた高橋尚子さんの功績は、まさに国民栄誉賞に値すると思いました。

私も、Qちゃんにまけないよう、楽しみながらサブスリー達成に向けて頑張ろうと思います。

ではここで連載「サブスリーへのチャレンジ(2) ~フルマラソン初挑戦へ」を。
200年9月
エントリーをしていた「大阪 淀川市民マラソン」への参加を決意しました。今まで好きなように端いていましたが、書店で内山先生の「ゼロから始めるフルマラソン」を購入し読み始めました。2ヶ月前からでは遅いのですが、そこに書かれているメニューに取り組んでみることにしました。ただし、今までキロ当たりのペースなど全く意識せず本能の赴くままに走っていましたので、今更ながら一定のペースを意識して走る練習を始めました。連休もあり涼しくなってきましたので、月間の走行距離は150キロは越えたと思います。
(続く)

サブスリーへのチャレンジ(1)はこちらから

*7月12日にJTBスポーツステーション主催「元気でっせ!関西 第1回なにわラン」が大阪 長居公園で開催されます。好評に付き、6月30日まで受付をいたします!!ふるってご参加を!!

会員登録キャンペーン7月2日開始予定!お楽しみに!!

プロ野球再開しましたね!
野球好きの私にとっては、嬉しい限りです!

私は、6月28日に大阪の長居で開催されるVAAM presents ランニンク゛スクール+Qイベントに参加してきます!
高橋尚子さんが、ランニングの極意を教えてくださるということなので、
とっても楽しみです!
また、ブログで報告しますので、お楽しみに!

さて、皆様お待たせいたしました!
JTBスポーツステーション会員登録キャンペーンがいよいよ開始いたします!

開始日は、7月2日予定!
サイトオープン記念キャンペーンに続き、今回もスポーツに関連する賞品を
多数ご用意しております。

8月31日17:30まで受付けておりますので皆様この機会に、
会員になってくださいね!

詳細はこちらから!

新(珍)ランニングスタイル<その1> 「暗闇ランニングのススメ」  ~JTBスポーツステーション サンデー版~

激烈なエントリー競争をくぐり抜け「長野マラソン」に参加された皆さん、結果はいかがでしたか?ちょっと高めの気温だったようですが、優勝したマチャリア選手は2時間11分台で走り切ったようですね。ゲストランナーの高橋尚子さんも、「Qちゃんスマイル」を振りまいていました。彼女の走っている姿を見ると、本当に走るって楽しそうだと感じます。4月26日には「とくしまマラソン」も控えています。ランニングブームはまだまだ続きそうですが、Qちゃんではないですが、スポーツは本来楽しいもの、プロでない私たちは楽しくてナンボだと思います。そこで、楽しいスポーツライフを過ごすための新しい提案??ちょっとしたひねり??をこれから連載していきます。第1弾として、胸から血を流しつつも飲み続ける男・M氏からの「暗闇ランニングのススメ」をご紹介します。

==================
4月は何かを新しくスタートするにはピッタリな時期ですね。これを機に、新たにジョギングを始めた方や再チャレンジした方もおられることでしょう。そこに必ずついてくる問題が「マンネリ」という大きな壁。
そこで、今日は、ジョギング暦20年の私が、特別に「誰にも教えたくないマンネリ解消法」を伝授させていただきます。これがハウツー本なら「もうマンネリなんてこわくない」とか「驚きのマンネリ解消術」・・・・というところでしょうか?
さて、今話題(?)の「暗闇ランニング」とは・・・
その名のとおり、夜にジョギングするだけです。ところが、ところが、これが決して侮れません。まずは、成功のための前提条件からお教えしましょう。
①走りなれたコースを選ぶ。なるべく街灯も無い暗いコースがベター。
この「暗闇ジョギング」は、死と隣りあわせとなるサバイバルランニングですので、必ず走りなれたコースを選ばないと危険です。
②折り返し地点で、ちょうど真っ暗になる時間を選ん走ること。
前半はいつもと同じジョギングですが、暮れゆく雰囲気の中、これからはじまるスリルと冒険に、嫌でも気持ちが盛り上がります。寂しげなBGMがあれば、さらに効果的です。

では、いよいよ折り返し地点、「暗闇ランニング」をはじめましょう!
 すっかり日が落ち、街灯も無いジョギングコースでは、すれ違う人も無く、この地球にいるのは自分一人だけ、『世界は俺の手の中に!』という気分です。
真っ暗闇の中を黙々と走り続け、前半の疲れも出はじめた頃、遥か遠くに光るものが・・・二つの怪しげな光が見えてきます。一瞬にして『オオカミにねらわれた子羊』と化した私は、なるべく足音をたてずに、息を殺しながら、ジョギングを続けます。私はこれを「忍び足ランニング」と呼んでいます。オオカミの鋭い眼光が私を捕らえて離しません。家族や子供の顔が目に浮かぶ瞬間です。ちょうどその時、背後からシュッ、シュッという足音が・・・暗闇ランニング同好会(注)の一人に違いありません。「死ぬときはこの人と一緒」という連帯感が私たちを一瞬にして結びつけます。彼は、声もかけずに、もの凄いスピードで私を追い抜いていきます。オオカミなんて怖くない!まさにブレーブランナ-、世紀のヒーロー、「置いていかないで~」という気持ちにさせてくれます。その間にもオオカミは確実に私たちに近づいてきます。そして、すでに私の目からはうっすらとしか見えなくなったブレーブランナ-にオオカミが接近!!!「この道、このままずっと車で抜けれますか?」
いまだ体の震えがとまらないまま、ジョギングを続ける私の背後から、新たなランナ-の足音が聞こえてきます。きっと暗闇ランニング同好会の一人(注2参照)、しかも、かなりのハイペース、恐らく本物のランナーです。ところが、いつまでたっても私を追い抜いていきません。ジョギングは紳士のスポーツ、ひょっとして前にいる私に遠慮しているのかも・・・あえて追い抜きやすいようにペースを落とし、すこし脇に寄ってみます。追い抜かれるときには、余裕を見せながら「ファイト!!」と声をかけてみよう。ところが、いつまでたっても、本物ランナーは私を追い抜く気配がありません。むしろ奴は本物のジェントルマンなのか?今度は、思い切ってペースを上げてみます。するとヤツも確実に同じようにペースをあげ、同じ間隔を保ってきます。
ん?これはおかしい・・・ヤツは『雇われヒットマン』に違いありません。「何か見てはならない事件でも目撃したのか」記憶を辿ります。「私は無実だ!」と叫びたいが、恐怖で声もでません。また、家族の顔が浮かびます。「今までありがとう。幸せな人生でした。」と心の中で念じます。いやいや、まだまだ二人の子供を残して、こんなところで朽ち果てるわけにはいきません。「そうだ、もう少し行けば確か民家があったはず。さすがにやつもそこでは手を出せまい!」急加速をします。当然奴もペースをあげます。一か八か、普段は通り過ぎる曲がり角を右折、民家のあるエリアまで猛ダッシュ!
チャンスを失ったヒットマンはもう見えません。私はヒットマンに勝ったんだあ。

しかし、生きている喜びを感じたのも束の間、いつの間にか全く知らない道を走っている自分。周りは真っ暗、しかも、どんどん山の中に入っているような気がします。明日の朝刊に躍る「ジョギング中の男性行方不明。謎の失踪」という一面記事が目に浮かびます。ヒットマンとの激しい死闘を終えた私には、今来た道を引き返す体力も気力も残されていません。それに、オオカミやヒットマンが戻っているかもしれない。もう前に進むしかありません。
信じる者は救われます。神は私を見捨てなかった。向こうに見慣れた(注:通いなれたではありません)ラブホテルのネオンが・・・一瞬にして『奇跡の生還者』となった私。ゴール地点には、すでに聞きつけたテレビや雑誌のカメラマンが私を待っているかもしれません。さわやかな笑顔でゴールしなければ・・・
 そして、今日のトレーニングは、無事に終了します。もうどのくらい走ったのか、どこを走ったのかさえわからなくなっています。
 いかがでしたでしょうか?恐らくこれを読まれた貴方は、もう今日の夜が待ち遠しくて仕方ないはずです。もうマンネリなんてありえません
注1:暗闇でのジョギングは、走るだけでも危険が伴います。くれぐれも熟知したジョギングコースをお選びください。それとほんの少しばかりの想像力をお忘れなく。
 注2:暗闇ランニング愛好者は、全国に数万人規模で存在すると思われますが、現在公の同好会組織派は存在しません。

明るい沖縄の空の下で
暗闇ではないですが、明るい沖縄の空の下で・・・(写真はイメージです。)

====================

いかがでしたでしょうか?ちなみにM氏は関西地区のN県在住です。送別会で行ったぶっ通しの飲み会を「送別会マラソン」と自ら銘打ち、先頭集団で走りきったM氏らしいイマジネーション溢れる新しいランニングスタイルの紹介でした。今後もスポーツを愛する皆様が拡大するよう、お役に立つ?新しいスポーツの楽しみ方をご紹介していきます。