カテゴリー別アーカイブ: 石川遼

タイガー・ウッズ × 石川遼の直接対決

石川遼君が昨日、憧れのタイガー・ウッズ選手との直接対決に挑んだ。
実は、シングルとしては初の対戦とのこと。
過去に2人が一緒にプレーしたのは、2009年7月:全英オープン、10月:プレジデンツカップ。
共に、ゴルフファンなら誰でも知っている大きな大会である。
今回は、テレビ番組の収録とのことでウッズ選手が中国での大会に行く途中で日本により開催された。
気になる勝敗は、ウッズ選手に!
負けはしたものの、石川遼君は本当に年齢を感じさせないグッドプレイヤーですね
小さいころよりの憧れの選手と一緒にプレーできるというのは本当に幸せですね。

より一層のご活躍願っております。

日本初!トライアスロン ユース五輪で『金』

『トライアスロン』:3、8キロの水泳+180キロの自転車+42、195キロのフルマラソンの組み合わです。
人間の限界に挑戦する最も過酷なスポーツではないでしょうか。
芸能人の東野幸治さんもTVの企画で感動を呼んだ競技です。
その競技で18歳の佐藤優香さんが注目を浴びています。
理由は、シンガポールで今年8月に開催された、第1回ユース夏季五輪で優勝したからです。
またそれが、日本では大会史上初の金メダルとなったからです。
ゴルフにしてもそうですが、10代の日本人が世界で活躍しております。なんとも頼もしい事です。
2年後のロンドン五輪でもより一層活躍することでしょう。これからが楽しみな選手ですね。
頑張ってください~。

韓日ゴルフ対決!9月に韓国・済州島でゴルフ観戦ツアー発売中!!

全英オープンゴルフの石川遼のプレーは毎晩遅くまで釘付けでしたね!

今度は女子ゴルフの全英オープンゴルフが始まります。
また、寝られない日々が続きそうですね。

日本選手は7人が参加、宮里藍には初のメジャータイトルを取って欲しいものです。
また、横峯さくらや有村智恵も実力を発揮すれば、優勝も夢ではありません。
今週は「ロイヤルバークデイル・ゴルフクラブ」からの映像を期待して見守りましょう。

さて、9月に石川遼君も出場する「韓日対抗ゴルフ」が、韓国の済州島で開催されます。
JTBでは翌日に同じコースをプレーできる観戦ツアーをご用意しております。
成田発も可能ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。

ツアーの内容はこちらをご覧下さい。
お申込をお待ちしております!!

~全英オープン ゴルフ~

今、テレビをつけると、『全英オープン』の放送が・・・・・!
石川遼 君・谷口選手 頑張ってますね~!嬉しい限りです。
是非ともサッカーに続き感動を与えてほしいです☆

昨日もブログで触れましたが『現代キャピタル招待 韓日プロゴルフ対抗戦観戦ツアー』に参加して、憧れのトッププロがラウンドしたゴルフ場でプレイを楽しみませんか?
こんな機会は滅多に無いと思いますので。
お申込みお待ちしております~☆

★石川遼選手参戦予定★【済州島】現代キャピタル招待 韓日プロゴルフ対抗戦観戦ツアー発売をいたしました!

日韓トッププロが韓国済州島のヘビチCCに終結!!
現代キャピタル招待 韓日プロゴルフ対抗戦観戦ツアー発売をいたしました!
日本からは石川遼選手、池田勇太選手、片山晋呉選手、丸山茂樹選手らが出場予定です。

宿泊はヘビチCC併設の2007年5月にオープンした『ヘビチホテルリゾート』韓国ドラマ「アイリス」のロケ地にもなった現代グループの高級リゾートホテルです。
済州島東部に位置し、周辺には済州民族村博物館やドラマ「オールイン」のロケ地となったソプチコジなどがあります。
又オプションでは、ヘビチCC観戦後の翌日プレイが可能!(別途料金)

詳細はこちら

サブスリーへのチャレンジ(9)・・・ケガの連続・・・今日は半年振りのフル(大阪市民淀川マラソン)

石川遼君は6位で終わりました。優勝は鈴木亨さんがでした。ついついマスコミの取扱いが多いので石川遼君に目が言ってしまいますが、勿論出場したプレイヤーは全員懸命に頑張っています。全員にドラマがありますので、目立つところばかりでなく広い視野で注目していきたいと思います。

今日は半年振りにフルマラソンを走りました。ただ、春から続く坐骨神経痛の影響で、夏からはほとんど走りこんでいませんでした。東京マラソンが当選したこともあり、今日の大阪淀川市民マラソンは今の状態を見るために参加してみました。設定は、余裕を持って1キロ5分ペース。大体3時間30分くらいで無理をせずに走ることにしました。
今年は9,000名弱の参加で、受付も更衣室も人・ひと・ヒト・・・。
混雑
雨の予報でしたが、晴れてぐんぐん気温が上がり暑いくらいでした。周りのペースに惑わされず抑えて抑えて走りましたが、大体5キロ23分くらいのペースになってしまいます。折り返しまでは同じくらいのペースで走っていた、倉敷から参加された方と話しをしながら走りました。5月に開催された水都100キロマラソンにも参加されたとのこと・・。すごい。でも、この方応援を受けた方には必ず「ありがとう!」と返礼しながら走られます。いつも応援に応えながら走られているとのことです。本当に素晴らしいことだと思います。
淀川大堰で早くもトップランナーとすれ違います。やはり東京マラソンで一躍有名になった高田さんでした(結局また優勝されました)。声をかけると応えてくれました。ありがとうございました。後半も暑く全体的にペースは上がっていないようです。やはりケガでほとんど練習していませんので、折り返し点で既に足の疲れを感じます。また耐性も無いのか、右の足首が靴擦れしています。これで最後まで走れるのかな?と思いつつ走りますが、不思議なことに30キロを超えてもそれほどペースが落ちません。結局、とくしまマラソンのタイムには及びませんでしたが、3時間16分13秒(53位)でゴールしました。30キロを超えてへばっていた今までと比べて、今回は前半を抑えたせいか最後まで余裕をもって走ることができました。でも、練習もロクにできなかったのに何で?という感じですが、東京マラソンでのサブスリー達成に向けてのヒントになるかもしれません。ゴールでは、同僚のY君がスタッフとして頑張っていました。走る人、そしてそれを支える人、みんなの力で大会が成り立っている、皆が主役であることを再認識しました。午後から雨が強く振り出しましたが、本当にスタッフの皆様、お疲れ様でした。そしてありがとうございました。
着替えた後は、淀川汁とおにぎりをいただきました。本当においしかったです。それと、来年からコースが変わるようですね!!
淀川汁とおにぎり
詳細はまたレポートします。

*******************************
さて、本日の大会レポートが長くなりましたが、前回「サブスリーへのチャレンジ(8)では「痛風騒ぎ」について記しましたが、高槻国際シティハーフマラソンに出た後、今後は右足のすねに痛みが出始めました。2月1日には、2回目のフルとしてエントリーしている木津川京都マラソンが控えています。そのうちに治るかなと思いながら、しばらくそのまま練習していましたが、痛みはひどくなっていきます。ちょっと練習を控えて調整に入ります。そうすると痛みは治まってきました。
いよいよ、大会前日。すねの痛みに不安を覚えつつも、明日の準備を済ませていましたら、何となく娘の元気がありません。こちらに気になりつつも、早めにベッドに入りましたが、夜中になって急に娘の熱が40℃近くなり、ぐったりしました。ちょっとやばいので、夜中でも見てもらえる病院へ車で連れていきました。日曜日の未明というのに、病院はいっぱい。診察してもらうまで3時間位待ちました。。診察結果はインフルエンザ・・・(当時は新型はまだ流行していませんので季節性のものです)。リレンザを処方してもらいました。高熱は出ていますが、病名もはっきりしましたので何だかほっとしました。家につれて帰るともう朝。勿論、京都木津川マラソンは棄権です。でも足に不安が何となくありましたし、大切な娘が病気で苦しんでいる時に出かける気にもなれませんので、家でのんびりしました。
リレンザは良く効き、すぐに娘の熱もさがりました。娘はその後順調に回復し、1週間後の神戸バレンタインラブランのファミリーの部に妻と参加し3キロ走りました。私も、この大会でハーフの部に参加し前回の高槻国際シティハーフマラソンの記録を更新することができたのですが、すねの痛みが再発し、病院で疲労性骨折と診断されてしまったのでした。そして2月はその後仕事が忙しくなり出張も続いたため、ほとんど走ることなく残りの日々を療養しながら過ごしました。今後のエントリー大会は、3月のABC万国博マラソンの5キロの部。それまでに間に合うのか・・・。  <続く>

シャッフルランも人気!! 明石海峡マラソン(こちら

今日はハロウィン!!日本シリーズ開幕 巨人先勝!石川遼君も6打差3位で最終日へ

今日はハロウィン!!私の幼い娘もお菓子で欲しくて盛り上がっています。朝起きての第一声は何を思い違いしたのか「YES, WE CAN!」・・・それはオバマ大統領でしょう・・・しかも古い・・・・。まだまだ英語が良く分かっていません。
ハロウィンといえば、前にハロウィン期間中にマウイ島へ仕事で行ったことがあります。何でもマウイ島は全米の中でもハロウィンで盛り上がるので有名だそうです。確かに、町中いたるところで仮装パーティーをしています。でも最もすごかったのは、早朝のオプショナルツアーの見送りにロビーに降りた時の光景でした。ロビーのソファーなどには、「お化けが」大量に横たわっていました。実は、仮装したまま酔いつぶれてしまった人たちでした。普通でしたらすぐに追い出されるのでしょうが、ハロウィンだから大目に見てもらえたのか、早朝だからかホテルも大目にみていたようです。

損なハロウィンの今日もスポーツの話題はいっぱいです。プロゴルフでは、男子ツアーで石川遼君がマイナビABCチャンピオンシップの2連覇を目指し3位で最終日を迎えます。
今日から日本シリーズが開幕しました。日本ハムの追い上げをかわして、巨人が逃げ切りました。
巨人対日本ハムという、本当に久しぶりの対戦です。中学校の頃だったと思いますが、江川選手の全盛期で最後にピッチャーフライを捕って巨人が日本一になった記憶があります。当時の主力選手だった原監督と、当時パリーグの近鉄で主力捕手だった梨田監督はともに背番号8だったと思いますが、そんなこんなを思い出していると、年をとったなぁと変なところでしみじみとしてしまいます。

月日が過ぎると、同じ事をしていても「常識」が変わっていることがあります。当時私はサッカー部でしたが、練習中や試合中に水を飲むことはご法度でした。とはいっても、ハーフタイルの時に渡された濡れタオルで顔を拭くふりをして水分をすすったり、うがいをする真似をして少しずつ飲んだりしていましたが、今では考えられないような世界でした。プロサッカーの世界でも、試合中の水分補給が許されたのは、1986年のメキシコ大会だったと思います。気温や標高も高い開催地のため選手の体調管理のため特別に許された・・・といった記憶があり、補給もビニール袋に入った水をプレイが切れた間に受け取り、穴を開けて飲むといったような光景だったような・・・。また、選手のユニホームも短パン短かっ!特に当時全盛期を迎えたマラドーナ先生はパッツンパッツン・・・。
プロ野球でも、原監督や江川選手の全盛期のユニホームと今のユニホームは、パッツンパッツン。パンツはまるでスパッツ・・・。ストッキングも極細・・・。巨人のユニフォームは比較的コンサバなデザインですが、全くべつもののようです。30年近い時代を感じます。でも、1970年代後半から、今のユニフォームの着こなしをしていたヤツがいます。スパイクにかかるパンツのすそ、ゆとりある着こなし。そいつは、ご存知ドカベンの殿馬です。やはり彼は曲者です。

今日は週末ですので、他愛のない話題ばかりでしたが、岐阜の鷲ヶ岳ではスキー場もオープンしたようです。もう冬はすぐそこまでやってきていますが、いろいろなスポーツがクライマックスを迎えつつありますので、スポーツ鑑賞も大忙しです。

スポーツは、見る楽しみもあれば参加する楽しみも!!
シャッフルランが人気のこんな大会も!!
明石公園リレーマラソン (こちら