カテゴリー別アーカイブ: 内山先生

サブスリーへのチャレンジ(5)~日食と初マラソン(その2)

9月20日に開催されるシドニーマラソン。シドニーでマラソンといえば、たぶん多くの人が「高橋尚子さん」と答えると思います。ルックJTBで好評受付中のシドニーマラソンでは、高橋尚子さんと会えるオプショナルツアーをご用意しています。私もQちゃんのランニング教室に参加したことがありますが、Qちゃんの持つ明るさは周りを元気つけてくれます。ぜひこの機会に、シドニーマラソンにチャレンジしてみてください!!詳しくはこちらからご覧ください

また、ホノルルマラソンツアーも好評発売中です!!

一生に一度チャンスがあるかないかの、日食もいよいよ明日になりました。
皆さんは日食グラスは準備されましたか?直接太陽を見ると危険なようです。フィルムの切れ端ならOKとどこかで見た記憶もありますが、これもダメとのこと・・。いったいどうすれば・・。国立天文台のホームページにこんな記事がありましたので、ご参照になられてはいかがでしょうか?
でも、それより何よりお天気が・・・・、ヤバイですね。雨の日はどんな風になるのでしょうか。

さて、日食とは何の関係もありませんが、そのワクワク感や不安感は何となく似たところがある、初マラソンへのチャレンジの続きを書きます。前号では中途半端に終わってしまいすみませんでした。

さて、淀川大阪市民マラソン当日の11月2日は、内山先生の本のとおり、スタートの3時間前までには起きて、コンビニでまで軽くジョギングをしながら、これまた本のとおりの食料で朝食。その後、前もって調べた時間のとおりに、会場へ向かいます。電車の中では、それらしい方がいて思わず「同志よ」という気持ちになりました。会場が近づくにつれて出場者ばかりになります。これで、会場まで迷うこともありません!最寄り駅について、人の波に乗って進みます。しばらくすると河川敷の公園が眼下に広がり、巨大なテントや何百人(何千人)という人が集まっています。このような大会に参加するのはまったく初めてですので、右も左もわかりませんが、回りの人についていくと自然に受付に着きました。そこでは、参加種目・ゼッケン番号ごとに分かれていて該当の場所にいくと、ゼッケンなどが入ったセットを交換でもらいます。そのあと少し落ちついて周りを見回すと、更衣室や荷物置場、仮設トイレなどが目に入ります。それほど寒くないので、まずは更衣室で着替えをして、荷物を預けました。ここでまたひとつ学習をしましたが、ゼッケンって慣れないとつけるのに苦労しますね。皆さんは安全ピンを横向けにつけますか?それとも縦につけますか?私は縦派です。中には、更衣室を利用せず自身でシートを敷いて荷物置場にしたりしている方もいます。
といろいろとしていると、いつの間にか仮設トイレには長蛇の列!ヤバイと思い並びましたが、刻々とスタートの時間が迫ってきます。何とかスタート5分前にスタートラインへ向かうことができました。

*なかなかスタートができませんが、初めて大会に参加される方には、こんな素人の体験談がご参考になるのではと思い、思い出しながら書きました。
次回は、いよいよスタートですからゴールまでです。

<<会員登録キャンペーン>>
8月30日まで会員登録記念プレゼントキャンペーン実施中!!
詳しくはこちらから

サブスリーへのチャレンジ(1) 事の始め

6月も下旬になり、ワールドカップ最終予選も終わりJリーグ(J1)も再開されました。また、生誕100年の太宰治の桜桃忌も昨日行われました。いよいよ夏を迎えますが、いかがお過ごしですか?

今日はとあるランニングセミナーを見学に行きました。ビギナー向けでしたが、皆さん半年後のレース参加という目標に向けて、真剣に講師の先生のお話しに耳を傾けていました。
また、明日は隠岐の島ウルトラマラソンが開催されます、 
100キロ(別に50キロの部もあり)完走という、とてつもない目標に多くのランナーが挑みます。

私も走り始めてから1年強ですが、とくに目標も持たずに取り組んできました。
ですが、先日「ゼロからはじめるフルマラソン」などの著者で、他にも多数のランニング関係の執筆をされている内山先生とお話しする機会がありましたが、その中で目標や夢を持つことの大切さを感じました。また、上記のとおり多くの皆さんが、目標を持って取り組んでいる姿に触発されて、目標や夢を持ち、ランニングに取り組むことにしました。
その夢とは・・・、サブスリーです!
内山先生とお話しし、サブスリーを達成するためには、それなりの覚悟が必要なことがわかりました。一般的には、月間300キロ以上走ることや、5キロを18分台で走れることが目安になるようです(個人差などがありますが)。一応、5キロは18分台で走れますので、一つの条件は満たします。それであるなら、到達できないこともないのではと感じ、今の自分を変えたい気持ちもあり、チャレンジしてみることにしました。
ただ、未だに雨の日は走るのをやめる(とくしまマラソン参加中に雨が降り出しましたが、それが唯一の雨中でのランニングでした)ような軟弱な意思の持ち主ですので、ここで宣言することで自分を追い詰めてみようと思いました。

バカボンのパパと同じ年、41歳の春からランニングを始めた人間が、どこまで夢に近づくことができるのか、それとも生来のサボり癖が出て挫折するのか、連載をしていこうと思います。

練習記録もまともにとっていないので、一年前にランニングを始めてからしばらくは正確でない部分もありますが、これからランニングを始める方の参考に少しでもなればと思っております。まずは、連載第1回目は、走り始めの2008年4月から、2008年8月までの記録を記します。

では、スタート!!
<1>走るはじめたきっかけ
2年前に体を壊したこと、内勤が増えて体重が増えたこと(53キロ⇒57キロ)が一つの要因。
そして、妻が友達と走り始めて、えらそうに自慢したことに対抗意識を持ったことがもう一つの要因。

<走り始め>・・2008年4月
2008年4月に、走り始めました。
そのことは10年前に買ったナイキのシューズ(スポーツ用で買ったのではありません)、大学生の頃に買った「スエット(死語)」、首にタオルという姿ではじめました。
ただ、最初は週末に家の周りを回るのが精一杯。5キロで一杯一杯でした。
月間走行距離・・・たぶん30キロくらい

<第一の挫折>・・2008年5月
何とか、5キロオーバーくらいまで1ヶ月で走れるようになりましたが、ひざの痛みがひどく、さらに股関節も痛くなりました。
健康増進が目的であれば走るだけでもないと、スイミングに逃げました。2008年5月はほとんど走らず、近所のプールで泳いでいました。
ただ、足の痛みで悩んでいた頃、書店でRunning Style(ケガの特集などがありましたので)を見つけ、特集記事などで「無理せず楽しく走ればいいんだ・・」と少し考え方が変わったことが、今から思えば後につながりました。
月間走行距離・・10キロくらい

<ランニング再開>・・2008年6月
プールで泳いでいるうちに、運動が週間になってきました。そのうち体重も52キロくらい、体脂肪率も10%くらいになりました。
もう一度走ってみようと思い、天気が良い週末に走ってみましたら、10キロくらいいきなり走れました。多少、ひざの痛みなどはありましたが、無理せずゆっくり走ったり、ストレッチをしたりして、しのぎました。また、日が長くなったこともあり、早く目覚めた朝は(年のせいか、最近目覚めが早くて・・)、15分くらい走ってみたりしました。
暑くなりましたので、スポーツショップで夏用のウエアを買ったことや、シューズの底がはがれたので新しいジョギングシューズを買ったことも動機付けになったかもしれません。
月間走行距離・・・たぶん100キロ弱くらい

<ストレス解消>・・・2008年7月
その頃、新しい仕事に取り組んでいましたが、思うように行かずストレスを抱えていました(このストレスは8月に最大化しますが・・・)。週末に、何も考えずコースも決めず気の向くままに走ると、意外とストレス解消になることに気づきました。また、この頃、NIKEのipod+を購入したことも後押ししました。暑い季節ですが、16キロくらいは走れるようになりました。
相変わらず週末中心ですが、平日の早朝も1週間に2日くらいは走っていたように思います。
月間走行距離・・・たぶん120~150キロくらい

<ランニングが苦しくなくなってきた・・・>・・・2008年8月
真夏ですが、ランニングが習慣になってきました。
体重も51キロ前後で安定し、体脂肪率も5~7%で体が軽く感じられました。
相変わらず計画的ではなく、思いつきで走っていましたが、結果として定期的に走っていました。
先輩がフルマラソンを完走し、その大会に今年もエントリーをするというので、興味がてら11月の「大阪 淀川市民マラソン」のフルマラソンの部にエントリーをしました。ただい、この時点では、とりあえずエントリーをしただけで、本当に走るかは決めていませんでした。
月間走行距離・・・たぶん150キロくらい

この頃には、いつの間にか膝や股関節の痛みもなくなりました。
また、ちょっと出かけるだけでも車を使っていたのですが、歩くことが苦ではなくなりました。
大会参加云々は別として、確実に効果は出ていたようです。
<以下(2)へ続く・・・・>

◎何でもチャレンジしてみないと、善し悪しはわかりません。
走り始めて1年強、自分でマラソン大会を主催することになりました。
ランニングを始めてみたい方、いつも一人で走っている方、周りのみんなとリレーマラソンで一緒に走ってみたい方、7月12日に大阪で「元気でっせ!関西 第1回なにわラン」が開催されます。
詳細はこちらからご覧ください。是非とも参加してみてください!!

また、ニューヨークシティマラソンのツアー(こちらから)や、エントリーを受け付けています。
数に限りがありますのでお早めに!

Running Style ビギナーランニング教室 in 大阪

Running Style ビギナーランニング教室
Running Style ビギナーランニング教室

北の大地・北海道ではYOSAKOIソーランが盛り上がっていると、北海道からの特派員レポートが掲載されていましたが、今日の大阪は快晴で、気温は高くなりましたがとても気持ちの良い日曜日でした。
今日は、その大阪で開催された、人気のランニング雑誌「Running Style(ランニング・スタイル)」主催のビギナーランニング教室に参加してきました!

今まで東京では何度か開催され多くの方が参加される人気のイベントですが、今回は待ちに待った関西で初めての開催です。

大阪城公園近くの、「ラン・ウォーク スタイル」に集合し、受付・更衣を済ませます。「ラン・ウォーク スタイル」は関西のランナー、特に大阪城公園をホームコースとするランナーにはとても便利なランニングショップで、着替えや更衣などでお世話になっている方も多いと思います。また、ランニングイベントや大会も主催されていますので、とても関西では有名なショップです。

集合後、大阪城公園に移動し、いよいよ内山雅博コーチの指導で教室がスタートします。
内山先生については説明も不要だと思いますが、ランニング関連の著書の執筆なども多く、雑誌でのランニングクリニックなどでもたくさんアドバイザーなどもされています。
私もランニング暦は1年ちょっとですが、「Running Style」など雑誌や本で記載された内山先生の「教え」を受けていました。今までは一方通行の「通信教育」でしたが、今日は本物の内山先生にお会いできるのでとても楽しみにしていました。

内山先生のレクチャー➀
内山先生のレクチャー➀

噂にたがわぬ「ウチヤマギャク」を連発されながら、ストレッチの方法、歩き方などベーシックな部分から丁寧に指導していただきます。
今まで我流で行ってきた私にとっては、本当に目から鱗が落ちました。力のかけ方、つま先の方角、チョとしたことで、これほど変わるものとは・・・。また、正しい歩き方のワークアウトは、ポイントのご説明が本当に分かりやすく、歩き方が変わったことが実感できました(これからの継続が大切ですね!)。
「徒然草」でもありましたが、やはり先達の教えは大切だと改めて感じました。
内山先生のレクチャー②
内山先生のレクチャー②

幅広い年代の方が参加されていましたが、名古屋や広島から駆けつけてこられた方もいらっしゃって(もみじ饅頭のお土産ありがとうございました!)、非常にアットホームな雰囲気でした。

気が付けば、あっという間に予定の終了時間が近づきましたが、最後は大阪城の天守閣の近くまでランニングをして、関西初の「Running Style ビギナーランニング教室」は終了しました。

大阪城天守閣!
大阪城天守閣!

教室は盛況のうちに終了しましたが、荷物の管理や水分補給のサポートなど、細やかな心配りで裏方の皆さんが支えてくださいました。練習コースの設定や誘導などで八面六臂の活躍でサポートいただいた「ラン・ウォーク スタイル」の三浦店長、参加者が教室を楽しめるよう様々なサポートをしてくださいました、”ピエール”こと小林編集長(Flair Hairでの再登場を個人的には期待しましたが)を初めとした編集部ならびにスタッフの皆様、本当にありがとうございました。

皆さんご苦労様です!
皆さんご苦労様です!

終了後は、「ラン・ウォーク スタイル」に戻り、ランニングアイテムをいろいろとチェックします。今回は、ペットボトルフォルダーが付いたウェストポーチを購入しました。「ラン・ウォーク スタイル」オリジナルで、揺れにくくフィット感も良い優れモノです。それと、帰路についてから思い出したのですが、参加者の皆さんが練習前に購入され、練習中に皆さん「これは良い」と口にされていた、ペットボトルの飲み口につけるアイテムを購入するのを忘れていました。今度、買いに行こうと思います。

便利なランニンググッズ
便利なランニンググッズ

今回の練習会は、今後JTBスポーツステーションで開催するランニングイベント「元気でっせ!関西 第1回なにわラン」の参考になることが多々ありました。

是非、関西でも第2回目の開催を期待したいです!!