カテゴリー別アーカイブ: 湘南国際マラソン

東京マラソン2011日記①

8月1日より東京マラソン2011のエントリーが開始されました。
来年は2月27日(日)ですね。
皆さんエントリーされましたか?
今年の大会にも増して段々狭き門になってきていますが、当選の栄光を味わえる方は誰になるのでしょうか。

2011年より、関西でも都市型のマラソンが増えます。
大阪マラソン、神戸マラソン、奈良マラソン(2010年より開催)、京都マラソン(2012年)と4大会が立ち上がります。

次は名古屋、福岡などの大都市でフルマラソンが立ち上がるかも知れませんね!
10月中旬がエントリー通知ですので、定期的に情報をJSSブログでも追っていきます。
今後も、JSSブログにお越し下さい。

2010久米島マラソンのエントリー受付中!!

2010年10月24日(日)に開催されます久米島マラソン大会のエントリーを受付中です。

この大会は素朴な沖縄らしい島を回るフルマラソンを主体とした大会です。
大会当日は島をあげてランナーの皆様をお出迎えをする、心温まる大会として参加者の方から好評を頂いてます。
是非、皆様のエントリーをお待ちしております!!

エントリーはこちらから!

湘南国際マラソン終了

この週末はお天気に恵まれたところが多かったと思いますが、どのようにお過ごしになられましたか?

秋の大型マラソン大会 「2009湘南国際マラソン」 が2万8千人を集めて開催されました。暑いくらいで、特にフルマラソンを走ったランナーの皆さんは大変だったと思います。
折角の大会ですが、暑いときは無理をせず体調を見ながら安全に走ってください。むしろ抑え気味の方が良い結果が出るときもあります。

このあと、東では11月22日に「つくばマラソン」、11月23日には「福知山マラソン」と東西を代表するマラソン大会が開催されます。
また、長野マラソンのエントリーも、11月21日・・・。準備をしたり、参加したり、本格的なシーズンを迎えていますが、新型インフルエンザもはやっていますので、くれぐれも体調管理にはお気をつけください。

長野マラソンエントリー開始まで残り17日・大阪淀川市民マラソンに参加しました

11月に入り、本格的なマラソンシーズンを迎えました。
今週末には、湘南国際マラソンが開催されます。お天気は良いような感じですが、熱くなりそうですので、ペース管理にはお気をつけください。
それと、新型インフルエンザが流行しています。とうとう私の子供も先ほど感染しました。リレンザを吸って、しばらくすると熱もだいぶ下がったようですが、皆さんもお気をつけください。

さて、昨年4時間で定員をオーバーした長野マラソンのエントリーがもう直ぐ開始となります。今回は、11月21日(土)のエントリー。多くの方は会社も休みです。昨年のいろいろな声に対応されたのでしょうね。
今年も直ぐに定員オーバーは確実ですが、ランニング人気はどこまで続くのでしょうか?

ランニング人気といえば、オールスポーツコミュニティのメルマガにも出ていましたが、11月1日に大阪市民淀川マラソンに出走しました。
軽く大会レポートを先日載せましたが、少し違った視点から再度レポートします。

来年から会場が変わりますが、今年までの会場は京阪線の枚方公園もしくは枚方市駅から徒歩10分と、比較的アクセスは良いです。また、JRや阪急の高槻からもバスがあります。
今回は9,000名弱まで膨れあがりましたが、やはり鉄道でのアクセスがあるとスムーズですね。
決してエリート大会のように洗練されているわけではありませんが、ボランティアやスタッフの皆さんが「優しく」「丁寧」に対応していただきました。確かに、段取りが・・・と思うこともありましたが、市民手作り感がいっぱいで、私はこの雰囲気が大好きです。
この雰囲気に任せて、あせらず、のんびりと楽しみながら参加する大会と思います。

いろいろなレポートでありますが、この日は暑かったです。去年と比較しても、30キロ過ぎで足を止めているランナーが多かったです。倒れている人や救急車出動も・・・。
私自身、坐骨神経痛で練習不足で、不安もありだいぶ抑えて走りましたので、後半は以外に楽に走りましたが、やはり前半は無理をしないほうが良いなと感じました。
エイドステーションでは、「スポーツドリンクがあればなぁ」という声も聞こえましたが、水や食べ物は潤沢にありましたので、カバーはできていたと思います。それに、スタッフの方々の懸命のサポート。30キロ過ぎでハーフと合流してからは、圧倒的な人の量になすすべもありませんでしたが、これは仕方がないと思いますし、来年からフルとハーフでコースが分かれますので、解消されると思います。
途中、河川敷のグランドで草サッカーや草野球をしていました。また、ブラックバスなどを釣る釣り人も。自転車を練習する子供や日常の中でジョギングをする人たち・・・。私は結構、野球やサッカーなどを見ながら走っていました。気分転換にもなります。練習をする人たちと声を掛け合い、楽しく走っていました。特別感はありませんが、日常生活の中に溶け込んだマラソン大会で、ほんわかしました。確かに多少は安全管理が必要な部分がありましたが、私はこんな雰囲気が大好きです。
結局、ほのぼのとして、オールスポーツコミュニティのカメラマンの方を見つけるとガッツポーズをしたりしながら、結構楽しく走ることができました。
芝生や砂利の上を走る区間もあり、足に負担がかかったかもしれませんが、プチトレランみたいで、わざと芝生のところ(ハーフの皆さんで混んでいたこともありましたが)をはしったりもしました。
確かに今回は記録狙いでの出走ではなく、恐る恐るで痛くなったらリタイアありで、3時間15分~30分くらいのペースで走ってみるか、くらいの軽い気持ちで参加したからかもしれませんが、なんだかんだいって、楽しく走ることができて3時間16分でゴールしましたが、ほのぼのとした気分になりました。こんな大会も、また魅力的ではないかと思います。
私は雨が降る前にゴールしましたが、13時くらいから一気に大雨になり、大変だったと思います。芝の上や砂利もどろどろでした。ランナーの皆さん、本当にお疲れ様です。でも、ボランティアの皆さんや、スタッフの皆さんも大変だったと思います。ボランティアの皆さんは、無償にも関わらず我々ランナーのために懸命に、いろいろな仕事をしてくださいました。それがあって、私たちは楽しく参加できています。本当に、頭の下がる思いです。逆に、私も今度は、ボランティアで参加してみたいと思います。

大規模大会になりましたが、来年以降は「良いところ」は残しつつ、課題を解消していっていただければと思います。

本当にありがとうございました。そしてお疲れ様でした。

<締切り間近>
明石公園リレーマラソン

サブスリーへのチャレンジ(8)・・通風? ~秋の大会本格化!湘南国際マラソン、つくばマラソン、大阪淀川市民マラソン~

秋も深まり、大型フルマラソン大会が本格化しています。東京マラソンも8.9倍の倍率となりましたが、今年は例年にも増して他の人気大会へのエントリーも活発で、湘南国際マラソンはエントリー開始後19日で締め切ったとのことです。つくばマラソンもエントリー開始後4日で定員に達したとのことです。西に目を転じれば、岐阜のいびがわマラソン、大阪の大阪淀川市民マラソン、山口の下関海峡マラソンも、締切日を待たずして定員に達したようです。市民ランナーの、大会参加意欲はますます活発なようです。

さて、本題に入ります。
************************************
2009年になり、できる限りの大会にエントリーしました。1月18日の高槻国際シティマラソン(ハーフ)、2月1日の京都木津川マラソン(フル)、2月8日の神戸バレンタインラブラン(ハーフ)、3月8日のABC万国博マラソン大会(5キロ)、4月26日のとくしまマラソン(フル)にエントリーをしました。時間があれば、ランニングをすることが日課となってきましたが思わぬことが・・・。1月8日の未明、激痛で目が覚めました。何故だか分かりませんが、右手の手首に今まで感じたことのない痛みがあります。少し動くだけでも強烈に痛い・・・。朝になっても痛みは強まるばかりで、手首の痛みで会社を休もうと考えたくらいです。特にぶつけたり、ひねったりした記憶もありません。「会社を休むなんて」と思われるかもしれませんが、本当に少し動いただけで、今まで経験したことのない痛みが突き抜けます。
ボタンをかけるのにも苦労しながら湿布をして、何とか会社へたどり着きましたが痛みはひどくなるばかりで、昼休みに整形外科へいきました。良く見ると手に変なふくらみができていて、はれています。
先生に診てもらうと、「通風かもしれないから検査しましょう」とのこと。通風って・・・。特に太っているわけではありませんし、お酒も飲むときは飲みますが、人より少ないと思います。勿論給料も安いので贅沢なものなんて食べていません。普通、通風って足の指の付け根に出るのでは・・・。
典型的な通風の症状ですといわれ、念のためにリュウマチの検査もしましょうと血液検査をして、鎮痛剤を処方されました。薬をのみしばらくすると痛みも落ち着いてきましたが、検査結果がでるまで、気が気ではありません。本屋で通風の本などぱらぱらと立ち読みをすると、たしかに割合は少ないものの、手首に出るケースがあるようです。また症状は通風にぴったり。通風も放っておくと大変なようで、命にかかわることもあるようです。エントリーをしまくりましたが、これは走るどころでは無い・・・・。
そして、4日後検査結果が出たとのことで聞きに行きます。憂鬱な気分で診察室にはいると、検査結果は「陰性」とのこと。いわゆる「ニセ通風」というヤツですねといわれ、スポーツなどが原因で通風と同じような症状が出ることがあるそうです。全身から力が抜けました。
それにしても生々しく残るあの強烈な痛みの記憶。薬をのみ数日後には収まりましたが、人生最大の痛みでした。もし、人生の終わりに走馬灯がめぐるとすれば、絶対にその中に出てくる痛みです。逆に、年も年ですので節制をしようと強く心に誓いました。
1月18日の大会には参加できそうです。痛みがあり結果が出るまでは走る気にもなりませんでしたので、しばらく休んでいましたが、ハーフなので大丈夫でしょう。フルマラソンは11月に走りましたが、ハーフは初挑戦です。ほとんどぶっつけ本番で、ペースがどのようになるのか分かりませんが、頑張ってみようと思います。2月1日京都木津川マラソンでフルを走る予定ですので、ちょうど良い練習にもなりそうです。
でも、ここから次なるケガとの戦いが始まります・・・・。(9)に続く

明石公園リレーマラソン(こちらから