カテゴリー別アーカイブ: 東京マラソン

ニューヨークシティーマラソンツアーの受付開始しました!!

東京マラソンの余韻が少しずつ静かになってきましたが、東京マラソンのモデル大会は何だったかご存知ですか?

今回ご紹介いたします「ニューヨークシティーマラソン」がそのモデルの1番手と言われています。ランナーは約40,000人で東京マラソンより若干多いですが、ほぼ同数くらいです。

スタートはマンハッタンの南に位置する「スタテン島」で、ブルックリン地区、クイーンズ地区を経由し、マンハッタンに入っていくコースで、ゴールはニューヨークのシンボルであるセントラルパークにゴールする夢のような行程です。

日本人は約500人位が参加しており、今回ご紹介する旅行会社のツアーで参加するランナーは約350人位と想定されます。
JTBスポーツステーションツアーでは5月末まで20名のエントリー枠を持って受付を開始いたしました。成田空港からの日本航空の直行便にて設定し、皆様のお申込をお待ちしております。

走ったランナーからは、今までで一番感動したマラソン大会との評判の高いイベントです。
是非、燃料付加運賃も下がったこの機会に、ニューヨークの風を受けて走ってみませんか?

北欧 特派員レポート 

省エネ家電の買い替えに付与される「エコポイント」も、どうやら5月15日ころに実施されそうです。エコといえば、なんとなく「北欧」のイメージが浮かびますが(私だけですか?)、その北欧・デンマークから、K特派員が北欧のランニングスタイルについてレポートをお送りします。

▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽
日本では空前!?のマラソンブームと聞きます。
ここ北欧諸国のひとつデンマークでも、マラソンに対する熱さは負けていません。むしろかなり加熱気味。

雨でも、雪でも、池が凍るほどの寒さでもデンマーク人は走りつづけます。
サマータイムが始まった4月以降、ランニング人口は増加の一途を辿ります。公園、池の周りは勿論のこと、歩行者道や自転車道を怖ろしいほどの勢いで駆け抜けていくデンマーク人達。男子平均身長182cm、女子平均身長172cmの方々の走りっぷりはさすがにダイナミックです。

マラソン大会もかなり充実しています。
この時季、毎週のようにどこかで大会が開催されています。5キロ、10キロのテストマラソン、ハーフマラソン、フルマラソンと内容も様々。それぞれの実力、やる気、コンディションに合わせて申し込みができます。
中には平日の18時スタートという変わり種もあり、夏の夜の長さと、個人の時間を大事にするデンマークらしさが伺えます。

エイドステーション
エイドステーション

ゴールエリア
ゴールエリア

ペースランナー
ペースランナー

さすがに大きな大会は人数制限にかかることもありますが、東京マラソンのように倍率7倍!なんてことにはなりません。このあたりは人口500万人の小国の利でしょうか。

デンマーク人には負けてはいられないと、在デンマーク日本人の我々も参加しています。
最終目標は5月24日のコペンハーゲンマラソン完走。
コペンハーゲンマラソンは、1万人近くが参加するデンマークの一大イベントです。美しいデンマークの街並みを走り抜けるこの大会は、世界中のランナーからも愛されています。

デンマーク人の大胆なスライド走法に翻弄されつつも、地道なピッチ走法で日々練習を続けています。気分だけは日本代表選手ですが、果たして目標どおり完走できるのでしょうか。
本番1ヶ月前にして老体が悲鳴をあげています!!

△ △ △ △ △ △ △ △ △ △ △ △ △ △ △ △
コペンハーゲンマラソンのホームページはこちらから(残念ながら日本語はありませんが・・・)
結果は、きっとまたレポートが入ると信じています。それにしても、デンマークの方々のイメージは、サッカー好きの私には、メキシコワールドカップで爆発的なドリブルで得点を重ねた「エルケーア」です。女子の平均身長で既に敗北している私にとって、1万人のエルケーアが走っている姿を勝手に想像し圧倒されています。東京マラソンの35,000名、先日の長野マラソンの8,000名もすごいですが、コペンハーゲンマラソンも面白そうですね。身長では勝てませんが、日本人らしく今週末のとくしまマラソンでコツコツと負けないように頑張ろうと思います。

JTBスポーツステーション プレゼントキャンペーン締切迫る!

JTBスポーツステーションのホームページがオープンして、もう直ぐ1月になります。
オープン記念のプレゼントキャンペーンの締切まで、あと半月となりました。
素敵なスポーツに関連する賞品(スポーツ関連グッズ)をご用意しています。
是非、こちらから応募してくださいね。

閑話休題、長野マラソンまであと3日になりました。出走される方、東京マラソンに続いて出走される方もあると思いますが、調整は順調ですか?気温も気になるところですね!!

春のマラソン 長野マラソン、とくしまマラソン・・・

とくしまマラソン 2009 の完走レポート はこちらからご覧いただけます。
とくしまマラソンレポート(2)はこちらから

最近は春を飛び越したような陽気が続きましたが、東京マラソンが終わりましたが春の超人気フルマラソンが二週続けて開催されます。JOG NOTEさんの大会検索でも、この2つの大会は多くの方がエントリーされているようです。
一つは今週末4月19日開催の「長野マラソン」。申込日に定員に達してしまったという異常なほどの人気で、春の信州を駆け抜ける大会です。ある意味、東京マラソンよりエントリーが難しかったようですが、今年も多くのランナーが、11回目を迎える長野の地で笑顔のゴールを迎えると思います。
そして、もう一つは4月26日開催の「とくしまマラソン」。昨年から始まったマラソン大会ですが、第1回にも関わらず、運営や楽しさなどが絶賛された大会です。何よりも評価が高かったのが、沿道の途切れない応援と高校生ボランティアをはじめとした献身的な運営サポートのようです。勿論、徳島が世界に誇る「阿波踊り」でのおもてなしなど、遠来から訪れるランナーを徳島の魅力でおもてなしを行おうという企画も素晴らしいと聞いています。
JTBスポーツステーション(略してJSS)も、「とくしまマラソン」に特派員を派遣し、大会レポートをお送りする予定です。旅行会社らしく大会だけではなくトラベルランをお伝えします。カーボローディングと称した前日の讃岐うどんめぐり、ラン後の徳島ラーメンなど、大会レポートか旅行レポートなのか良く分からなくなりそうですが、「楽しいスポーツライフ」を提案するJSSらしいレポートをお届けする予定ですので、どうぞお楽しみに!!

*遠方から各種スポーツイベントにご参加の方、JTBでは本業のホテルなどご宿泊のお手配も承っております。お電話でお問合せいただくか、弊社ホームページからもホテルなどご予約できますので、どうぞご利用くださいませ。

東京マラソン2009を完走しました!

とくしまマラソン完走レポートはこちらからご覧ください。

3月22日(日)に開催されました「東京マラソン2009」に参加してきました。フルマラソンは2004年(タイム:5時間30分)と2005年(5時間25分)に「ホノルルマラソン」に参加して以来で、怒られるかも知れませんがあまり練習はしていませんでした。そのため5時間51分と最低記録で完走はできましたが、約3分の2は歩いてしまうという情けない結果に終わりました。但し、東京マラソンは一言で言って、『素晴らしい』大会でした。沿道の声援といい東京を象徴する箇所を走るコース設計といい、最高の演出の中で参加させてもらいました。下記、当日のドキュメントをご覧下さい。
e382b9e382bfe383bce38388e5898d2
【06:00】起床。テレビで「本日は午後から大荒れの天気」との情報を得る。空を見上げるが「本当かな~?」とあまり信用できませんでした。
【06:30】宿泊した品川のグランドプリンスホテル高輪にて朝食。同じようなランナーが何人か見受けられました。その中に外国人ランナーも数人見受けられ、さすがに国際色が感じられました。
【07:20】ホテルを出発し新宿へ。ホテルの坂下では道路閉鎖の準備がされようとしている所でした。警察の皆さんも集合し始めており、徐々に気分が盛り上がってきました。
【08:00】山手線で新宿駅到着。スタート地点は混んでると思い最後のトイレに行く。西口改札の外はランナーと応援者ですごい人でした。
【08:20】8時30分がゴール地点行きの荷物預けのリミットのためレースウェアだけに。確かに少し肌寒さを感じました。会社の同僚2人と待ち合わせをしスタート地点へ。
【08:40】完走予想タイムごとに振られたゼッケンの区域(J)外の同僚と一緒の「G」エリアに並ぶ。<img
【スタート直前】コース上のモニターにスタートセレモニーが映像で流れる。石原知事の挨拶、君が代斉唱、いよいよスタートが近づいてきました。有名選手が最前列に並び始める。
【09:05】車椅子部門スタート。頑張れ!!
【09:10】スタート号砲!!!35,000人のランナーの波が徐々に動き始めました。自分との戦闘開始!!
【09:20】約10分かかってスタートライン通過。石原知事が手を振って下さいました。ありがとうございます!頑張ってきます!
e382b9e382bfe383bce38388e383a9e382a4e383b3e291a11
【歌舞伎町通過】大学生時代にバイトをしていた「北の家族」の前を通過。既に24年前、懐かしかった~。当時の映像が蘇った瞬間でした。
【5km地点】最初の給水所で同僚とバイバイ。もうついて行けませんでした。ちなみに完走タイムは1人は4時間10分、もう1人は5時間10分だったとの事。
【皇居前】こうやって走りながら見るのは初めてでした。荘厳な雰囲気に見とれてしまいました。横を見ると何とスパイダーマンが・・・・・。
【日比谷~品川】折り返しの相互通過区間。もうかなりのランナーが折り返しを始めていました。折り返しにはげのかつら?をかぶったランナーが!すごく速いのに皆びっくりしていました。この方は本当にすごい!田町駅前でウィダーを頂いたY様本当にありがとうございました。結構走れた事にウィダー効果を感じました。
【銀座通過・ハーフ地点】ここから雲行きが怪しくなってきました。風も強くそれも向かい風、足も痛くなってきた、「何でこんな時に限って」と心の中で叫んでました。最近数年の自分の雨男的な運勢に気づかされた瞬間でした。しかしこんな普段絶対に見れない風景「銀座の中心を歩いている」事のすごさを思いました。
e98a80e5baa7e9809ae3828a
【浅草周辺】フジテレビのHアナウンサーが横を順調に通り過ぎていきました。雷門前でH親子がテレビの収録をしていたり芸能人がわんさかでした。さすが東京マラソン。
【30km地点】歩いてる私をチェロが抜いていきました。「あんなもの全身にかぶってよく走るな~」と思いながら、そのチェロには負けないでおこうと自分を奮い立たせ抜き返しましたが、また抜き返され、とうとう35km地点で前のほうに見えなくなりました。
【37km付近】あと5kmまで来た~~!おにぎりを自主エイドステーションで配って頂いた方がいらっしゃいました。今までで一番おいしい塩の利いたおにぎりでした。少し不安があったが帰りの伊丹行きの飛行機が16:30。ゴールして品川駅のコインロッカーに預けてる荷物をとって空港に行くには14:40頃までにはゴールする必要があった。もうすでに14時過ぎ、少しあせり始めた自分がいた。
【14:40】ゴールしないと危ない時間だがあと2km。もう足が痛くて走れなかったが、飛行機に乗るために必死に走りました。
【15:00】ゴ~~~ル!!!!走ったせいで引きつった顔でゴール。つらかったけれど楽しい1日でした。でもこれからが大変。ゴールの人ごみの大渋滞を駆け抜け、着替えずに荷物を持ってりんかい線の駅まで全力で走りました。また、なぜかついてなくこの時間が大雨の嵐。この時間にゼッケンをつけたまま傘もささず駅まで走ってるのを見た方は私です。
 以上のように初めての「東京マラソン2009」が終わりました。羽田空港にも16:13に着き、無事伊丹まで帰れましたが、レースウェアから普段着に着替えたのは伊丹空港のトイレの中でした。本当に楽しかったし、自分もまだまだやれると自信もついた経験でした。是非来年も何とか当選して走りたいです。皆様も是非応募して一緒に運試しをしましょう!<N>