カテゴリー別アーカイブ: つくばマラソン

第1回 スイーツマラソン in 大阪 ~ありがとうございました~

関東では、つくばマラソン、河口湖マラソン、江東シーサイドマラソンなどが開催された日曜日、大阪でも面白いランニングイベントが開催されました。

関西のメディア様を中心に、ニュースや新聞などでも多く取り上げていただきましたが、11月28日(日)に大阪城公園で「第1回 スイーツマラソン in 大阪」が開催されました。

JTBスポーツステーションでも、今回は企画・エントリー・運営を中心にお手伝いをいたしました。
全く新しいコンセプトの大会ですので、どうなることやらと思いましたが、皆様のお陰で楽しい大会になりました。本当にありがとうござまいした。

でも、スイーツマラソンって、どうして企画されたのでしょうか・・・?という疑問もお持ちかと思い居ますので、実はスイーツマラソン実行副委員長の私から、ご説明申し上げます。

「スイーツマラソン」の名前が産声を上げたのは、1年前でした。
現スイーツマラソン実行委員長の矢島友幸さん(株式会社バリュープラス様)が、「スイーツマラソンって、どう思いますか?」という言葉を耳にして、「これは面白い!」と即座に思いました。
そもそも、矢島さんとは仕事上でのご紹介で知り合いましたが、ともにランナーということもあり、すぐに打ち解けました。それから、矢島さんが様々な方を巻き込みながら、徐々に実現に向けて動き出しました。JTBスポーツステーションも、エントリーや運営をお手伝いすることができますし、私自身がスイーツマラソンノ可能性に大きな期待を持っておりましたので、出張で東京に行く度に情報交換をしてきました。スイーツマラソンというコンテンツは、JTBスポーツステーソンが掲げる「地参地走」というコンセプト、地域活性化にも絶好ではないかとも感じていました。

でも、このようなイベントは、アイデアや構想をいかに実現するか、実現ができず消え去ったものも多くあります。ですが、矢島さんの熱意で2010年の春に第1回実行委員会を立ち上げることができました。
あれは忘れもしない4月26日、とくしまマラソンの翌日、東京で第1回実行委員会兼決起集会が開かれました。場所は、実行委員会メンバーのお一人の向井さん(株式会社モンテローザ様)のお店・新宿の「笑笑」で盛大に開催されました。
そこでは東京でランニングの仕事に携わっていらっしゃる多くの皆様とも知り合うことができました。(皆様については追ってご報告いたします・・・・。)

それから、具体化を進めて行ったのですが、まずは第1回大会を実現しなければならないという思いのもと、会場など様々な要素から、「食い倒れの町・大阪」で第1回大会を開催することになりました。

日程、会場の手配などを済ませて開催要項が固まったのは8月、エントリー開始は開催3ヶ月前という慌しい日程で、十分な告知活動もできなかったのですが、一味違うコンセプトがうけたのか、最終的に1,700名様を超えるお申し込みをいただきました。本当はもっと多くの方にお越しいただきたかったのですが、残念ながら安全面を考慮し、早々にエントリーを締め切った種目もありました。ご参加いただけなかった皆様、本当に申し訳ございませんでした。

肝心のスイーツ、こちらはバリュープラスさんやご協力いただいた皆様のお陰で、多くのお店から出展いただきました。JTBスポーツステーションでも、運営に向けた諸調整を行い、いよいよ11月28日(日)当日を迎えました。
前日の天気予報も晴れ!、設営も前夜のうちにほぼ完了!と勢い込んで5時に家を出ると・・・、雨!まだ、夢でも見ているのかと思いながら、会場へ・・・。道路も結構濡れている・・・。幸い、雨はしばらくすると上がり、日差しも出始めました。会場は少し湿っているものの、問題なし!
あとは、最終準備を進めていると、ボチボチと参加者の皆さんがお越しになります。

参加者の皆さん、主催者の想像を超える仮装をされています。その中を、「スイーツステーション」のシンボルである「マカロンタワー」を慎重に運び込み(すみません、実はマカロンを一個はがしてしまいました。ちゃんと元通りにしましたので許してください)、設置。皆さん、これをバックに記念写真を撮っています。中には「食べられるんですか?」という声も・・・。さすが食い倒れの町、でも残念ながら食べられません・・。

サンタランもスタート(サンタクロースが600人!)し、いよいよスイーツマラソンもスタート!
子どもから大人まで、笑顔満載で楽しく走っています。そして、走った後は、お楽しみの「スイーツステーション!」。朝から何も食べていない身としては、ついついつまみ食いの誘惑に駆られますがそこはぐっと我慢。皆さんの笑顔を見ることで我慢、我慢。私も9歳の子どもが一人いますので、特にお子さんたちがおいしそうに、うれしそうに食べている笑顔を見ていたら、それだけで幸せになりました。

真剣に走る方、楽しく走る方、様々な方が楽しく走られて、イベントは終了しました。
お帰りになる皆さんの手には、物産展(参加者には500円のクーポン付きですので、そちらをご利用いただいた方も多かったですね)で買われたお土産が・・・。

走るだけでも幸せになりますが、お腹も幸せになって帰途につく皆さんをお見送りして、本当にこのイベントが実現して良かったなと、感激しました。
(中には協賛いただきましたモンテローザさんからご提供いただいた利用券をご利用になって、アルコールマラソンのダブルヘッダーになった方もあったのでしょうね・・・)

今後に向けて改善していくことも多々あったかと思いますが、矢島さんを中心に抱いたあの日の「夢」が、そこに笑顔でご参加いただいた皆様の、そして出展などご協力いただいた皆様のお陰で本当に実現しました。

皆様のためにも、スイーツマラソンがより良いものに、ご参加される方や、地域の皆様、このスイーツマラソンに関わる皆さんが、みな幸せになるようなイベントになるように、頑張っていこうと思います。

これからも、よろしくお願いします!!

サブスリーへのチャレンジ(11) ~長野にエントリー殺到、つくば、福知山終了~

秋の3連休、各地でスポーツの話題が満載でした。
東ではつくばマラソン、西では福知山マラソンが開催されました。
ランナーの聖地・皇居では、またひとつランナー向けの新しい施設「JOGLIS(ジョグリス)」がオープンしました。
土曜日には、長野マラソンのエントリーも開始されましたが、開始後6時間弱で定員に達し締め切られました。海の上からは松方弘樹さんが超大型マグロをGETなんていうニュースも・・・。

**********
さて、今回は「とくしまマラソン」を月末に控えた2009年4月のレポートです。
疲労骨折もあり、完全に練習不足。ものの本を読むと、レースの2週間前以降は無理をせず疲労を抜くとのこと。でも、疲労が溜まるほど追い込んでもいませんし、長い距離を走っていないので不安もあります。そこで出した結論は、2週間前まで時間があればとことん無理をすることにして、それ以降は様子を見ながら考えることにしました。新年度で会社も何かと忙しいですが、早起きしたりして、月の前半は可能な限り走りました。そのかいあって、2週間前には何とか35キロを走ることができました。絶対的な距離は不足していますが、急に走りこんで疲労も溜まっていますので、2週間を切ってからは距離を抑えることにしました。何かの雑誌で読んだ「1ヶ月走れなかったらかえって記録が伸びることもあった」という体験記を信じて・・・。
また、とくしままで車で行くか電車で行くか、バスで行くか悩みました。高速の大幅割引も始まり、車がもっとも安いのでしょうが、フルマラソンを走った後に車で帰るもの・・・・と考えていましたが、家族が応援に来てくれることになり、旅行を兼ねていくことにしました。となると、車で決定。
初マラソンの淀川市民マラソンのタイムを下回りますが、十分に走れていなかったこともあるので、3時間30分を目標タイムにしました。
次回、とくしまマラソン参戦です。思いもかけない天候で、思いもかけない結果になりました・・(続く)

リンク
サブスリーへのチャレンジ(1) 
サブスリーへのチャレンジ(2) 
サブスリーへのチャレンジ(3) 
サブスリーへのチャレンジ(4)
サブスリーへのチャレンジ(5) 
サブスリーへのチャレンジ(6) 
サブスリーへのチャレンジ(7) 
サブスリーへのチャレンジ(8)
サブスリーへのチャレンジ(9)
サブスリーへのチャレンジ(10)

湘南国際マラソン終了

この週末はお天気に恵まれたところが多かったと思いますが、どのようにお過ごしになられましたか?

秋の大型マラソン大会 「2009湘南国際マラソン」 が2万8千人を集めて開催されました。暑いくらいで、特にフルマラソンを走ったランナーの皆さんは大変だったと思います。
折角の大会ですが、暑いときは無理をせず体調を見ながら安全に走ってください。むしろ抑え気味の方が良い結果が出るときもあります。

このあと、東では11月22日に「つくばマラソン」、11月23日には「福知山マラソン」と東西を代表するマラソン大会が開催されます。
また、長野マラソンのエントリーも、11月21日・・・。準備をしたり、参加したり、本格的なシーズンを迎えていますが、新型インフルエンザもはやっていますので、くれぐれも体調管理にはお気をつけください。

サブスリーへのチャレンジ(8)・・通風? ~秋の大会本格化!湘南国際マラソン、つくばマラソン、大阪淀川市民マラソン~

秋も深まり、大型フルマラソン大会が本格化しています。東京マラソンも8.9倍の倍率となりましたが、今年は例年にも増して他の人気大会へのエントリーも活発で、湘南国際マラソンはエントリー開始後19日で締め切ったとのことです。つくばマラソンもエントリー開始後4日で定員に達したとのことです。西に目を転じれば、岐阜のいびがわマラソン、大阪の大阪淀川市民マラソン、山口の下関海峡マラソンも、締切日を待たずして定員に達したようです。市民ランナーの、大会参加意欲はますます活発なようです。

さて、本題に入ります。
************************************
2009年になり、できる限りの大会にエントリーしました。1月18日の高槻国際シティマラソン(ハーフ)、2月1日の京都木津川マラソン(フル)、2月8日の神戸バレンタインラブラン(ハーフ)、3月8日のABC万国博マラソン大会(5キロ)、4月26日のとくしまマラソン(フル)にエントリーをしました。時間があれば、ランニングをすることが日課となってきましたが思わぬことが・・・。1月8日の未明、激痛で目が覚めました。何故だか分かりませんが、右手の手首に今まで感じたことのない痛みがあります。少し動くだけでも強烈に痛い・・・。朝になっても痛みは強まるばかりで、手首の痛みで会社を休もうと考えたくらいです。特にぶつけたり、ひねったりした記憶もありません。「会社を休むなんて」と思われるかもしれませんが、本当に少し動いただけで、今まで経験したことのない痛みが突き抜けます。
ボタンをかけるのにも苦労しながら湿布をして、何とか会社へたどり着きましたが痛みはひどくなるばかりで、昼休みに整形外科へいきました。良く見ると手に変なふくらみができていて、はれています。
先生に診てもらうと、「通風かもしれないから検査しましょう」とのこと。通風って・・・。特に太っているわけではありませんし、お酒も飲むときは飲みますが、人より少ないと思います。勿論給料も安いので贅沢なものなんて食べていません。普通、通風って足の指の付け根に出るのでは・・・。
典型的な通風の症状ですといわれ、念のためにリュウマチの検査もしましょうと血液検査をして、鎮痛剤を処方されました。薬をのみしばらくすると痛みも落ち着いてきましたが、検査結果がでるまで、気が気ではありません。本屋で通風の本などぱらぱらと立ち読みをすると、たしかに割合は少ないものの、手首に出るケースがあるようです。また症状は通風にぴったり。通風も放っておくと大変なようで、命にかかわることもあるようです。エントリーをしまくりましたが、これは走るどころでは無い・・・・。
そして、4日後検査結果が出たとのことで聞きに行きます。憂鬱な気分で診察室にはいると、検査結果は「陰性」とのこと。いわゆる「ニセ通風」というヤツですねといわれ、スポーツなどが原因で通風と同じような症状が出ることがあるそうです。全身から力が抜けました。
それにしても生々しく残るあの強烈な痛みの記憶。薬をのみ数日後には収まりましたが、人生最大の痛みでした。もし、人生の終わりに走馬灯がめぐるとすれば、絶対にその中に出てくる痛みです。逆に、年も年ですので節制をしようと強く心に誓いました。
1月18日の大会には参加できそうです。痛みがあり結果が出るまでは走る気にもなりませんでしたので、しばらく休んでいましたが、ハーフなので大丈夫でしょう。フルマラソンは11月に走りましたが、ハーフは初挑戦です。ほとんどぶっつけ本番で、ペースがどのようになるのか分かりませんが、頑張ってみようと思います。2月1日京都木津川マラソンでフルを走る予定ですので、ちょうど良い練習にもなりそうです。
でも、ここから次なるケガとの戦いが始まります・・・・。(9)に続く

明石公園リレーマラソン(こちらから