カテゴリー別アーカイブ: マラソン

GWも終わり・・・。しかし今年は9月にもGWが!!

5月の大型連休も終わり、来週からいよいよ本格的にお仕事に励まれることかと思います。
みなさんはゴールデンウィークは計画通り、充実しましたか?
旅行会社的にいいますと、GW、お盆、お正月は特に前広に計画を立てないと手配が
難しい時期になります。
今年は新型インフルエンザなどの報道や、国内へ車で出掛けても1,000円施策で大渋滞、そんな感じで、間際で計画を立てた方は少し気が引けた方もいたかも知れませんね。
そんなことはないですか・・・?

そんな方へご朗報!今年はゴールデンウィークが9月にもあります!カレンダーを見てみてください!
そこで、9月のゴールデンウィークの海外マラソン情報です。
9月20日(日)だけでも、ベルリンマラソン、シドニーマラソン、マウイマラソン・・等々。
JTBスポーツステーションでもこれらの参加ツアーを発表していきます。
これを期に計画を立て、ぜひチャレンジしてみてください!

ニューヨークシティーマラソンツアーの受付開始しました!!

東京マラソンの余韻が少しずつ静かになってきましたが、東京マラソンのモデル大会は何だったかご存知ですか?

今回ご紹介いたします「ニューヨークシティーマラソン」がそのモデルの1番手と言われています。ランナーは約40,000人で東京マラソンより若干多いですが、ほぼ同数くらいです。

スタートはマンハッタンの南に位置する「スタテン島」で、ブルックリン地区、クイーンズ地区を経由し、マンハッタンに入っていくコースで、ゴールはニューヨークのシンボルであるセントラルパークにゴールする夢のような行程です。

日本人は約500人位が参加しており、今回ご紹介する旅行会社のツアーで参加するランナーは約350人位と想定されます。
JTBスポーツステーションツアーでは5月末まで20名のエントリー枠を持って受付を開始いたしました。成田空港からの日本航空の直行便にて設定し、皆様のお申込をお待ちしております。

走ったランナーからは、今までで一番感動したマラソン大会との評判の高いイベントです。
是非、燃料付加運賃も下がったこの機会に、ニューヨークの風を受けて走ってみませんか?

とくしまマラソンレポート(2) 徳島の皆さんありがとうございました!!

GW真っ盛りですが、一方では新型インフルエンザが気になります。出来ることといえば、うがいと手洗いの励行くらいですが、健康であれば仮に感染しても症状は重くならないような(?)気もしますので、このGWは栄養と休養を十分にとろうかと思います。

とくしまマラソンを完走してから5日が過ぎましたが、時間がたつにつれ「感動」と「感謝」が増してきます。改めて、この大会に携わった皆様、応援してくれた皆様にどうしても「ありがとう」を伝えたくて、とくしまマラソンレポート第2弾を、今回は大会レポートを中心に掲載します。
(第一弾レポートはこちら

メッセージ
メッセージ
●とくしまマラソンEXPO応援メッセージ
ランナーだけではなく、この大会を楽しみにしている方々の想いが伝わってきます。この想いが、この素晴らしい大会につながっているのですね。

シャトルバス
シャトルバス
●ループバス、シャトルバス
ランナーや応援をする方々の足となったループバスやシャトルバス。バス協会の方々が運行の管理をされていらったようですが、スムーズに運行されていたと思います。寒い中お疲れさまでした。

コンディショニングエリア
コンディショニングエリア
●スタートエリア・コンディショニングケア
東京マラソンでハプニングがありましたが、スタート前にこのような確認ができるのもありがたいですね。

荷物預け
荷物預け
●荷物預け
スタートとゴールの場所が違うので、スタート前に荷物を預けるとゴールまで運んでくれます。

●走行中
走っているときは写真が撮れませんでしたので、コメントのみになります。
寒い中応援してくれたおじいちゃん、おばあちゃん、本当にありがとうございました。風邪をひきませんでしたか?いつまでもお元気で!!
給水所でも、少しでも走っているランナーがコップを取りやすいように高さなど調整いただいたボランティアの皆さんありがとうございました。
ボンボンを作って応援してくれた女の子、男の子、一人しかハイタッチできなくてごめんね。
横断幕で応援してくれた幼稚園・保育園のみんな、寒い中ほんとうにありがとう!!
最後の上り坂で「これを登ったら、後は下るだけや!がんばれ!」とランナーを励ましてくれたおじさん。本当にくじけそうでしたが、その言葉で勇気が出てきました。ありがとうございました。
強風の中、大きな望遠レンズを持ちながら撮影をされていたカメラマンの皆さん、今日写真を拝見しました。あんな状況の中でも、しっかり撮影いただきありがとうございました。
他にも、もっともっと「ありがとう!」を伝えたい方がたくさんいらっしゃいます。
走っている間は、苦しかったですが、感謝の気持ちでいっぱいでした。

荷物受取場所
荷物受取場所
●荷物受け取り
ゴール後はスタート地点で預けた荷物を引き取りに行きます。高校生の眼鏡をかけた女の子が遠くに私の姿を見つけるなり、荷物を持って走って持ってきてくれました(2000番台の末尾9番です)。疲れきっていましたので、その気持ちが本当にうれしかったです。ありがとう!

うどん(少し食べちゃいました)
うどん(少し食べちゃいました)
●ゴール後の「おせったい」 うどん!
とても寒くて風が強かったので、ゴール後は体が冷え切ってしまいました。そこで、地元のお母さん方が作っていただいたうどんをご馳走になりました。とてもおいしかったです(写真は少し食べてしまった後です。あまりにおいしそうでしたので、写真を撮るのも忘れて一口食べてしまいました。)

他にも、たくさんの方々の気持ちを感じました。いろいろなイベントがありますが、こんなに気持ちと気持ちが触れ合うイベントは、なかなか無いと思います。
とくしまマラソンの素晴らしさは、ランナーとして走ってみたり、サポートをしてみたり、「参加」することで実感できると思います。私も、昨年は走り始めたばかりで、まだ5キロも走れないような状況で、もちろんとくしまマラソンには参加していませんが、とても良い大会との評判は後で知りました。今回、参加して想像以上に素晴らしく、来年も万難を排して(エントリーできるかなぁ?)参加したいと思います。

徳島のみなさん、本当にありがとうございました。そして、お疲れさまでした。幸せになるマラソン大会ですね。また、来年お会いしましょう!!

●おまけ
<阿波踊りの像>
e998bfe6b3a2e8b88ae3828a

JTBスポーツステーションは、皆さんにもいろいろなスポーツ大会をご紹介して、スポーツを楽しんでいただけるよう、これからも取り組んでいきます!!!

とくしまマラソン 2009 完走レポート TRAVEL & SPORTS(トラベル&スポーツ) 

第2弾レポートはこちら

自宅から近いスポーツ大会に出るのも良いものですが、たまには遠出をしてみるのも楽しいものです。走るだけではなく旅行も一緒に楽しんじゃいましょう。今回は、4月26日に開催された「としくまマラソン 2009」に参加がてら、四国旅行も楽しんできました。

大会前日、車で四国に向かいます。行きと帰りで同じルートを通っても面白くないので、行きは瀬戸大橋経由で四国へ向かいます、というのは嘘で讃岐うどんの超有名店「宮武」になるべく早く乗り込むためです。猛烈な雨や強風で50キロ規制にもマケズ四国へ、そして「宮武」へ。

宮武 うどんと天ぷら
宮武 うどんと天ぷら
しばし待って食べたうどん、やっぱりおいしかったです。「あつあつ」と「ひやあつ」を注文しましたが、個人的には「ひやあつ」かな?大会前日なので、揚げ物は・・と思いつつ、ゲソとちくわのてんぷらも食べてしまいました。これもおいしかった!やっぱり「宮武」!!
もう一件くらい行きたいので、その前に腹ごなしに「こんぴらさん」へお参りに行こうと思いましたが、雨がひどいので、丸亀の「うちわの港ミュージアム」へ。ここは無料ですが、面白いうちわや可愛らしいうちわがいっぱい展示されています。うちわ作りの実演もしていて、係りの方が骨組みを作る行程を体験させてくれました。ありがとうございました!
うちわの港ミュージアム
うちわの港ミュージアム

うちわの港ミュージアム
うちわの港ミュージアム

長田in香の香
長田in香の香
その後、讃岐うどんめぐりで2件目の「なかむら」に迷いながらたどり着きましたが50分待ち!なのであきらめて、善通寺インター近くの「長田in香の香」へ。釜あげ、ダシも含めて満足です!

油物を食べ過ぎてしまいしたが、明日に向けたカーボローディングもOKということで、一路徳島へ向かいます。とくしまマラソンEXPOが開催されているアスティとくしまで、受付を済ませブースなどを見て回った後、宿泊ホテルへチェックイン。

とくしまマラソンEXPO
とくしまマラソンEXPO

さて、夕食はどこに行こうか?と同行した家族に聞くと「折角なので一鴻!」とのこと。「一鴻」は骨付き阿波尾鶏で有名なお店です。消化の良いもののだけにしておこうと思っていたのですが、家族が注文した鳥料理の数々の誘惑に負けて、ついつい食べてしまいました。
一鴻の骨付き鶏
一鴻の骨付き鶏

その後ホテルへ帰り、早めに就寝。徳島の街は、ランニングシューズなどをはいていて明日のマラソン大会に参加するとおもわれる老若男女が溢れて、盛り上がっていました。

いよいよ大会当日。ところが強風が吹き荒れています。おまけに寒い!暑いと思って、その準備しかしていませんでしたが、まあ何とかなるだろうと会場へ向かいます。

スタート直前
スタート直前
スタートの40分前に荷物を預けてしまうと寒さが増します。それにしても、大会運営の皆さん、本当にきびきびと対応していただいて感謝、感謝です。係員の方の指示に従い所定のスタート位置に。そこでセレモニーがあったのですが、ゲストランナーの有森裕子さんの「こんな日(強風が吹き荒れる日)は風と闘ってはいけません」という言葉が印象に残りました。
そして、いよいよ9:00ちょうどにスタート。骨折が完治せず痛みがひかず、思ったような練習ができなかったので、完走できればいいかなと気楽に走り始めました。吉野川大橋を渡り吉野川に沿って上流に向かって走り出すと、正面から10メートル以上の強風が吹きつけてきます。これが20キロ以上続くかと思うとうんざり。でもやはりレースになるとついつい頑張ろうとすると、目一杯風の抵抗を受けて時には前に進めなくなったり吹き飛ばされそうになります。ここでふと有森さんの言葉を思い出しました。これが風と闘うことなんだと。そこからは力を抜いて無理をせず完走を目標に切り替えました。途中、風だけではなく雨も正面から降ってきましたが、そんな時力づけられたのは、沿道の皆さんの応援です。こんな天気なのに椅子にすわってランナーの皆を応援してくれた、おじいちゃん、おばあちゃん。吹き飛ばされそうな横断幕を一所懸命持ちながら応援してくれた幼稚園や保育園の子ども達(。何人もの皆さんとハイタッチをすると、辛さも忘れます。一瞬でしたが皆さんと触れ合えて、本当に嬉しかったです。感動しました。本当に徳島の皆さん、ありがとうございました。
折り返し点を過ぎ東へ向かうと、それまでゴーゴー鳴っていた風の音がぴたりと止みました。風が収まったのではなく、追い風になったのです。終盤、昨晩の油物の食べすぎが悪かったのか、腹痛がひどくなりばてましたが、後半も徳島の皆さんの声に励まされ、何とかゴールにたどり着くことができました。1年前から走り始めて2回目のマラソンで、最悪のコンディションにも関わらず前回記録を更新して何とか完走して、記録は3時間12分でゴールできました。途中、自身の弱気の虫が何度も顔を出しましたが、徳島の皆さんの声援で勇気づけられ最後まで走ることができました。皆さんの声がなければ、きっとリタイアしていたと思います。
ゴール後も、ゼッケンを見つけるや否や預けた荷物を持ってこちらまで走って持ってきてくれた高校生の女の子、無料のマッサージをしてくれたお兄さん、おいしいうどんをご用意いただいたお母さん方、本当に温かく優しさ一杯の大会で、昨年の好評価以上と感じました。本当にありがとうございました。本当に素晴らしい感動的な大会だと思います。

午後は徳島観光を楽しみます。「はなはるフェスタ」が開催中でしたので、阿波踊りを見たり、徳島ラーメンの食べ比べ、和紙づくり体験、藍染体験などで楽しみました。

はなはるフェスタ 徳島ラーメン博覧会
はなはるフェスタ 徳島ラーメン博覧会

ひょうたん島クルーズ
ひょうたん島クルーズ
また、ひょうたん島クルーズ(これが保険代100円は必要ですが無料なのです!)で川から徳島の町を見たりした後、とくしまマラソンの後夜祭を見学に行きました。
ここでは、サンカメラさん・パークスタジオハヤシさんが12.5キロ地点で撮影された写真をいただいたり、完走記念携帯ストラップをいただいきました。手作業で完走タイムの刻印をされていたようで、本当に記念になりました。
後夜祭 ランナーズフォトグラフ
後夜祭 ランナーズフォトグラフ

完走記念携帯ストラップ
完走記念携帯ストラップ

夕方まで徳島の町を楽しみ、今度は鳴門・淡路島・明石大橋を経由して自宅に帰りました。明石大橋のイルミネーションがひときわきれいに感じました。
さすがに、GW+高速料金の大幅割引で渋滞がいつも以上でしたが、途中夕食をとって20:00過ぎに帰宅しました。

マラソン大会に出る楽しみ、そこで地元の方と触れ合う楽しみ、それだけでも楽しいですが、「旅」も組み合わせると、もっともっと楽しくなります。是非皆さんも、家族や友達と旅行をしながら大会に参加してみてはいかがでしょうか?

*詳細は、後日JTBスポーツステーション「大会に参加しよう」にも掲載します。

さあ、明日も仕事だ、リフレッシュできたので頑張ろう!

<お知らせ>
JTBスポーツステーションでは、サイトオープン記念プレゼントキャンペーンを実施中です。締め切りは4月30日!!ご応募はこちらからお早めに!!!
***キャンペーンの応募は終了いたしました。***

いよいよ突入!?

明日から大型連休に突入という方も多いのではないでしょうか。

今年のゴールデンウィークはは例年に比べ、海外旅行に行かれる方が多いみたいです。
ご存じのとおり、燃油サーチャージが安くなったことや、円高が影響しているようですね。
一番人気は、依然好調の韓国のようです。

スポーツ関連はどうかというと、ゴールデンウィークは各地で大会が目白押し。
連休を使ってしかなかなか参加できない、2日間・3日間を使ってのマラソン大会や
サイクルイベントも各地で開催されております。

中でも注目は4月26日に開催のとくしまマラソン。
地域が密着して創り上げる人気大会です。
参加される方は、地域の温かさを感じることができるでしょうね。
JTBからは、T氏が出場しますので、報告レポートをご期待ください。

ちなみに私は、実家である広島に帰省します。
旧友とのサッカーや、新球場「MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島」での
カープの観戦が非常に楽しみ!!
※本当は琵琶湖一周サイクリングに出場する予定だったのですが、
  今年度は中止のようで。

皆さん、ゴールデンウィークは何をして過ごされますか?

大会の参加写真

去年の春にランニングを初めてから1年が過ぎて、その間にいくつかの大会に参加しました。
今日は、そこで見つけた(既に皆さんもご存知だと思いますが)面白いサービスについてご紹介します。

オールスポーツコミュニティ」さんというサイトで、マラソン大会に参加しているランナーを個々に撮影して、WEB上で販売してくれます。多くの大会でサービスをされているようですので、皆さんも目にした機会が多いかと思います。
初めて参加した大会でも、大会プログラムとともに「オールスポーツコミュニティ」さんの案内が入っていました。「なんだろうなぁ~」と思いつつ、大会参加後にその案内をみてアクセスをしてみてびっくり!
自分が走っている姿が、ちゃんと番号で整理されて掲載されているではありませんか!!また、その写真がきれいなんです(勿論被写体は不細工ですが・・・)。それも何カットも・・・。予算の関係上全ては替えませんでしたが、2カットほど思わず買ってしまいました。
また、別の大会で子どもが参加したのですが、1.5キロと短く団子になって走っていたのですが、ちゃんと4カットほど掲載されていて、こちらも思わず買ってしまいました。
でも、これってカメラマンの方がランダムにやってくるランナーを撮影して、それを2~3日のうちに番号順に仕分けをしているのでしょうか?それを考えるとすごいサービスだなあと思いますし、ランナーにとってうれしいサービスです。

また、サイトを良く見ると、マラソン大会だけではなく、剣道やマーチングバンドなど様々なスポーツイベントでサービスを展開されているようです。

すごいサービスを思いつかれる人、いらっしゃるんですね。
今度参加する「とくしまマラソン」でも、撮影をされるようですので楽しみにしています。

北欧 特派員レポート 

省エネ家電の買い替えに付与される「エコポイント」も、どうやら5月15日ころに実施されそうです。エコといえば、なんとなく「北欧」のイメージが浮かびますが(私だけですか?)、その北欧・デンマークから、K特派員が北欧のランニングスタイルについてレポートをお送りします。

▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽
日本では空前!?のマラソンブームと聞きます。
ここ北欧諸国のひとつデンマークでも、マラソンに対する熱さは負けていません。むしろかなり加熱気味。

雨でも、雪でも、池が凍るほどの寒さでもデンマーク人は走りつづけます。
サマータイムが始まった4月以降、ランニング人口は増加の一途を辿ります。公園、池の周りは勿論のこと、歩行者道や自転車道を怖ろしいほどの勢いで駆け抜けていくデンマーク人達。男子平均身長182cm、女子平均身長172cmの方々の走りっぷりはさすがにダイナミックです。

マラソン大会もかなり充実しています。
この時季、毎週のようにどこかで大会が開催されています。5キロ、10キロのテストマラソン、ハーフマラソン、フルマラソンと内容も様々。それぞれの実力、やる気、コンディションに合わせて申し込みができます。
中には平日の18時スタートという変わり種もあり、夏の夜の長さと、個人の時間を大事にするデンマークらしさが伺えます。

エイドステーション
エイドステーション

ゴールエリア
ゴールエリア

ペースランナー
ペースランナー

さすがに大きな大会は人数制限にかかることもありますが、東京マラソンのように倍率7倍!なんてことにはなりません。このあたりは人口500万人の小国の利でしょうか。

デンマーク人には負けてはいられないと、在デンマーク日本人の我々も参加しています。
最終目標は5月24日のコペンハーゲンマラソン完走。
コペンハーゲンマラソンは、1万人近くが参加するデンマークの一大イベントです。美しいデンマークの街並みを走り抜けるこの大会は、世界中のランナーからも愛されています。

デンマーク人の大胆なスライド走法に翻弄されつつも、地道なピッチ走法で日々練習を続けています。気分だけは日本代表選手ですが、果たして目標どおり完走できるのでしょうか。
本番1ヶ月前にして老体が悲鳴をあげています!!

△ △ △ △ △ △ △ △ △ △ △ △ △ △ △ △
コペンハーゲンマラソンのホームページはこちらから(残念ながら日本語はありませんが・・・)
結果は、きっとまたレポートが入ると信じています。それにしても、デンマークの方々のイメージは、サッカー好きの私には、メキシコワールドカップで爆発的なドリブルで得点を重ねた「エルケーア」です。女子の平均身長で既に敗北している私にとって、1万人のエルケーアが走っている姿を勝手に想像し圧倒されています。東京マラソンの35,000名、先日の長野マラソンの8,000名もすごいですが、コペンハーゲンマラソンも面白そうですね。身長では勝てませんが、日本人らしく今週末のとくしまマラソンでコツコツと負けないように頑張ろうと思います。

土田選手ボストンマラソンV3おめでとうございます

GWも迫ってきました。皆さんのご予定はお決まりですか?
スポーツをしたり見たりするには良い季節になってきました。長野マラソンも盛況のうちに終わりましたが、私も今週末の「とくしまマラソン」に参加します。ただ、今年は例年と比べて気温が高めなので完走できるか心配です。そんな心配をしていると、改めてスポーツって、暑さや、風、雨など自然との戦いでもあるなぁと感じました。

そんな中で、朝日新聞の夕刊のスポーツコーナーで「自然とスポーツ」について考えさせられた記事が掲載されていました。
ひとつは、「向かい風」をものともせず、ボストンマラソンの車いす女子の部で、土田選手が見事V3を達成しました。本当に凄い偉業です。悪条件の中でも自分の力を出し切れるのは、普段からの努力と強い意志が必要だと思います。私も、暑いくらいで弱音を吐かず頑張ろうと勇気づけられました。

また、改装なった甲子園球場や、大リーグの新ヤンキースタジアムでは、ホームランがでやすくなったとのこと。おそらく風向きなどが変わったのではないかとのことですが、これからその特性を理解してうまく活用したチームが有利になるのでしょうね。これも一種の自然との戦いだなと感じました。

そろそろJTBスポーツステーションデスクが入っているビルも早朝・深夜は蒸し風呂になってきます。パソコンを打ちながら、自然?と戦い、ちょっと粘り気のある汗を流すことになりますが・・・、仕事で大切なので、頑張らないといけません!でも、やっぱり青空の下ですっきりと流すた汗は、気持がいいですね!!(でも紫外線にはご注意を。)
でも、温泉で流す汗もいいなぁ~・・・と、GWは何をしようかと考えています。

皇居ラン情報 VAAMイベント

イベントの様子です
イベントの様子です
長野マラソンも盛況なうちに終わり、今週末は春のマラソン大会の人気大会の一つ「とくしまマラソン」も開催されます。これらの大会に参加する(参加された)、市民ランナーの方も多いと思います。今回は、その市民ランナーの聖地・皇居でトレーニングされる方に、面白いイベントがありましたのでお伝えします。

先週末4月17日(金)に、出張や勤務後に皇居ランを楽しむ方が知る人ぞしる麹町の銭湯「バン・デゥーシュ」でVAAMのイベントが開催されていました。「毎月17日はVAAM DAY」の大きなバナーとともに、ランナーの皆さんがおいしそうに試飲されていましたので、目にされた方も多かったと思います。
「VAAM」については、ドリフターズの高木ブーさんや高橋尚子さんのCMなどで目にされた方も多いと思います。今では、スポーツ系の雑誌にスーパーバームの広告など良く目にします。実は私はバームウォーターは何度か飲んだことがあったのですが、今回初めて「スーパーバーム」を試飲しました。もっと癖があると思ったのですが、全くそんなことはなくパイナップル風味でむしろ普通のスポーツドリンクよりおいしかったです。
当日はあいにくの小雨でしたが、17種類のアミノ酸パワーの説明などを聞いたりして、いつもよりがんばってしまいました。しばらく継続して試してみたく思いました。
ところで初めて知ったのですが、バームウォータはカロリーゼロなんですね。スポーツドリンクは少なからずカロリーがあるもののと思い込んでいましたので、びっくりしました。不勉強ですね・・・。ダイエット目的でランニングをされる方も良いですね。

このイベントは、毎月17日に開催されるようです。次回は、5月17日のようです。
抽選会なども開催されるようですので、皇居ランをご計画の方は参加されてみては?

JTBスポーツステーションでは、皇居ランのコース紹介をしています。皇居周辺のホテルや、GWのお出かけ先のご宿泊などもこちらからお探しいただくこともできますので、宜しければご利用ください。

長野マラソン 特派員レポート

「第11回長野オリンピック記念長野マラソン大会」は、
この時期の長野にしては暑いくらいの陽気の中、無事に終了しました。
参加された選手の皆さん楽しんで走れましたか?
長野マラソンといえば、先着順のエントリーが今年は数時間で定員になったというほどの人気大会。
今年は27カ国から8,000人以上の選手がエントリーし、大会も盛り上がりました。
地元長野市出身のJTBスポーツステーション特派員Sも、
4年ぶりに長野マラソンを観戦してきましたので、レポートします。

■4月18日午後(大会前日):長野到着
長野駅ホームに下りると、人・人・人。
今年は7年に1度の善光寺ご開帳開催もあって、流石に混雑の模様。
改札を出ると、早速マラソン歓迎イベントがやっていて、
ここから気分も盛り上がります。

長野マラソン歓迎イベント
長野マラソン歓迎イベント

続いて選手受付会場のビックハットへ。
多くのスタッフが暖かくランナーの皆さんを迎えていました。

受付会場①
受付会場①

受付会場②
受付会場②

更に足を伸ばして、エムウエーブ方面までコース下見に行ってみると、
今の長野はちょうどこんな感じ。
image0028

桃と梨の花が満開!!桃源郷のように咲き誇る花を見ながら、
長野の春を楽しみながら走れるのも長野マラソンの魅力の一つ。

最後は善光寺参拝へ。「皆さん明日完走できますように!!」

■4月19日(大会当日)
観戦ポイントはスタートから5キロ地点の善光寺手前付近。
コースの中では一番勾配が厳しい場所です。

8時30分:スタート時間にあわせて、和太鼓の応援が始まります。

和太鼓の応援
和太鼓の応援

8時47分:先頭集団が来ました。
優勝した招待選手のマチャリア選手も通過していきます。
その後一般選手も続々とやってきます。
招待選手と一般選手が一緒に走れるのも、長野マラソンの魅力の一つのようです。
続々とやってくる選手に応援する側も熱が入っていきます。
「頑張れー、頑張れー。」
手を差し出しながら応援している子供、応援幕を持っている人、
中には三重県から夜行バスで応援にきたという女性もいました。
この沿道の声援がランナーの皆さんを力づけ、勇気をつけるのですね。
その意味では応援の皆さんも大会を盛り上げる参加者なんだなあと実感しました。
image00212
image00213

9:時07分:特派員知人のY氏(長野市在住)が通過。
去年に引き続き2回目の挑戦。
練習のし過ぎで3月に足を故障したのが不安材料とのことですが心配なさそう。
今年も完走が期待できます。
9時:12分:特派員知人のT夫妻(東京在住)がそろって通過。
初出場。半年間の練習では20キロメートルまでしか走ったことがないので
完走できるか不安とのことでしたが、この時点ではまだまだ余裕です。
9時22分:最終車が通過し、応援終了。

大会は順調に進み、招待選手のケニアのマチャリア選手が
2時間11分21秒で4年ぶり2回目の総合優勝。
選手のみなさん、スタッフの皆さん、本当にお疲れさまでした。

さて、特派員の知人の結果はというと、
Y氏:4時間31分04秒で完走。
   「前半飛ばしすぎがたたって、昨年より20分も遅かった、くたびれた」とのこと。
   また来年も頑張ってくださいね!
T夫妻:5時間03分02秒で完走。
   「35キロ地点が一番辛かったが、とにかくひっきりなしに続く
   沿道の声援が励みになった、長野の人の温かさが分かった。」とのことでした。

完走後のT夫妻
完走後のT夫妻

今年の長野マラソンも参加された選手、応援をされた皆さん一人一人にとって、
思い出に残る大会になったのではないでしょうか?
懸命に走る選手の皆さんを観て、特派員も来年は是非参加しようと思っています。

最後に・・・・現在長野では5月31日まで善光寺ご開帳が開催されています。
高速代金の割引制度もあり、アクセスしやすくなりましたので、
ゴールデンウイークの予定が未定の方、是非春まっさかりの長野へ
訪れてみてはいかがでしょうか?
詳しくはJTBスポーツステーションまでお問い合わせください。
(ご宿泊はインターネットからもご予約いただけます)