相模と相撲を見間違う

皆様、こんにちは!スクネです。

今年最後の大一番、九州場所も無事終了し、結果はやはり横綱白鵬が盤石の優勝という結果に終わりました。近頃は怪我や休場も増え、衰えが指摘される大横綱ですが、第一人者としての意地を見せつけるかのような厳しい相撲を取り続けた15日間でした。

しかしながら、今場所は、いや、今場所も・・・休場者が続出しておりました。大関陣は次々と負傷休場、さらには若手のホープとして期待されていた友風関が全治一年を要する膝の大怪我と、場所そのものが危うくなるような状況がここ数年で頻発しています。平幕優勝を含む初優勝が次々と見られるのも、横綱大関陣不在の場所が急激に増えたことが理由なことは否めません。

もちろん、平均体重160kgが超える大男同士が全力でぶつかり合うという、ある意味常軌を逸したエクストリーム競技である相撲に怪我はつきものであり、休場者が出る事もやむを得ない側面はあります。力士同士の立会いの衝撃は1トンに達するとも言われており、言ってみれば、1場所15日間を年6場所、すなわち年間で90回交通事故に遭っているようなものです・・・恐ろしい・・・。

しかしながら、近年の相撲ブームによって巡業の数もここ数年で最高の数に達しており、力士は本場所のダメージを回復する余裕もなく、皆が満身創痍の状況となっていることは間違いありません。土俵の充実、そして力士の将来の為にもこの問題は来年、そして令和の大相撲界の大きな課題となっていくことでしょう。

しかしながら、明るいニュースもございます。

私の一番の推し力士である霧馬山関が、今場所も無事勝ち越しを決め、新年の初場所での新入幕をほぼ決めてくれました!決して大きくはない身体ながら、巧な投げ技やバランス感覚を武器に着実に実力をつけており、来年はきっと幕内の土俵で大暴れしてくれるものと期待しています。願わくは、幕内きっての技巧派力士、遠藤関との四つ相撲が見てみたい・・・。

それでは、以下おすすめ大会の紹介です。

越谷2020いちごラン 5周年記念大会! KOSHIGAYA 2020 ICHIGO RUN 5th Anniversary Marathon

~辛いだけじゃない、甘いマラソン大会。越谷いちごラン~

5周年記念特別企画!いちごの給水ついに決定!

いちごの給水所でいちご食べ放題!(数に限りがあります。予めご了承ください。)

↓エントリーはこちらから↓

https://jtbsports.jp/events/events-detail.php?id=7119

 

大会と相撲をこじつけるネタが尽きた・・・。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください