箱根ランフェス2020♪

皆さま、こんにちは~MUCHIKOです。

ハロウィンが終わるとクリスマス、クリスマスが終わるとお正月。

気付けば、今年もあと2ヶ月!MUCHIKOは今年の目標をまだひとつも達成出来ていない。

そんなMUCHIKOの事は一先ず忘れていただいて。

今日は、継続して開催されている「箱根ランフェス」をご紹介!

↓ ↓ ↓         ↓ ↓ ↓

春の箱根を楽しむ「箱根ランフェス」はランニングだけじゃなかった!

観光も温泉も宿泊も、まるっと満喫できる♪おすすめプランのご紹介。

富士山を望む箱根の雄大な自然を舞台にしたスポーツフェス「箱根ランフェス 2020」が、2020年4月18日(土)19日(日)の2日間で開催されます!

箱根の魅力を味わいながら、RUNもFESも楽しめちゃう「箱根ランフェス」。実は楽しみ方がたくさんあるって知っていましたか?ここでは、各スポーツプログラムのご紹介から箱根をまるっと楽しむおすすめスポットまで、満喫プランをご紹介していきます!

<箱根ランフェスとは?>

  • 多彩なランニングプログラムから自分に合ったものを選べる!
    • 富士山の絶景!富士ビューラン(ハーフ/三国峠ラン)
    • 観光×RUN!芦ノ湖ラン
    • 有酸素運動に注目!ノルディックウォーキング
    • チーム戦の戦略的スポーツ!箱根ランフェスロゲイニング
    • 未来のランナーたちが主役!キッズラン
    • ハイキング感覚で自然と触れ合おう!オリエンテーリング
    • プロの講師が走るポイントを伝授!ランニング講習会
  • ランニングだけじゃない!フードやライブなどのフェス要素も満載!
    • 湖畔をバックにしたステージで楽しもう♪ライブステージ
    • 地元の名店がずらり。箱根パンフェス
    • 団体や企業が各サービスを展開!団体・企業ブース
  • ランフェスだけじゃもったいない!箱根をまるっと満喫するのが上級者流◎
    • 便利でお得な“箱根ランフェスオフィシャルツアー”
    • 近隣宿泊施設に泊まって、お得にエントリーしよう♪“公式宿泊プラン”

(ランフェスのコンセプト図。ランニング以外のコンテンツがいっぱい!箱根ランフェスHPより)

■多彩なランニングプログラムから自分に合ったものを選べる!

富士山を望む箱根の雄大な自然を舞台にした大会「箱根ランフェス」は、 ランニング・アウトドア・フェスが融合した最新の複合的なエンターテイメントスポーツフェスティバルです。他のランニングイベントと比べ、より多くの方々にスポーツを楽しんでもらえるよう、各種スポーツコンテンツが充実しています!本格的に走りたい方から、ラン以外にも楽しみたい方まで、どなたでも楽しめるように8種類のランプログラムがあるので、自分にあったプログラムを選択するのが◎。中には、タイムスケジュールを上手く組み合わせていくつものプログラムに参加する強者も!

 

◇富士山の絶景は圧巻!心臓破りのジェットコースターコースが挑戦者を待っている。

富士ビューラン(ハーフ):ハードさ★★★★★ 景色・観光★★★★★ みんなで楽しく★

富士ビューラン(三国峠ラン):ハードさ★★★★ 景色・観光★★★★★ みんなで楽しく★★

(富士山を眺望しながらRUN!箱根ランフェスHPより)

箱根ランフェスのメインイベント“富士ビューラン”は何といっても、富士山を望む景色が圧巻!!参加者の間では、「まるで合成写真のようだ!」と話題の、富士山の絶景で有名な芦ノ湖スカイランを駆け抜けるコースです。芦ノ湖スカイラインを走れるのは唯一このコースだけ!そして、もうひとつこのプログラムで注目すべきことは、そのハードさ。高低差約300mというアップダウンの激しい、通称“ジェットコースターコース”と呼ばれているだけあってその道のりはハードです。しかし、胸がはりさけそうになりながら坂を上った先に開ける、富士山と駿河湾の絶景はこのハードなコースを乗り越えてきたランナーだけが見ることができる景色で、限界のカラダに富士山と澄んだ空気がパワーを与えてくれます。

(天気が良いと三国峠からの眺望が最高!箱根ランフェスHPより)

(コースマップと高低表。なんと高低差約270m!箱根ランフェスHPより)

ハーフ(21km)と三国峠ラン(約9km)があるので、ご自身のコンディションによって、ハーフに挑戦してみても良いですし、まずは三国峠ランで様子をつかんでからというのもOK。2日間行われるので、初日は三国峠ランでウォーミングアップして、2日目のハーフにベストコンディションで挑む!なんて方もいらっしゃいます。

今年はスタートが9:30~(ハーフ。三国峠ランは9:40~)となり、さらにご参加しやすくなりました。

さらに、団体割引(5名様以上~)、地元割引(箱根町・小田原市・裾野市ご在住の方)、学生割引(学生の方)などがありますので、お友達みんなで一緒に参加したり、地元の方、学生の方はお得にエントリーできるので要チェック!また、オフィシャルツアーや公式宿泊プランなども上手に使ってお得にRUNしましょう♪

↓↓箱根ランフェス公式HPでランプログラムをチェックする

https://hakone-runfes.com/

◇箱根の名所をめぐりながら、観光もランニングも楽しめるファンラン。憧れのあの場所でゴール!

芦ノ湖ラン:ハードさ★★ 景色・観光★★★★★ みんなで楽しく★★★★

芦ノ湖キャンプ村から芦ノ湖の湖畔沿いを走る芦ノ湖ランは、湖畔の風景と緑いっぱいの森林が広がるコースを走る、タイムを測らず観光をしながら走るファンランです。道中には、縁結びのご利益があるといわれる「九頭龍神社」、樹齢約100年の巨樹「湖畔の一本桜(箱根園)」、フォトジェニックな湖畔に佇む鳥居がインスタ投稿で人気の「平和の鳥居(箱根神社)」、マイナスイオンをたっぷりの歴史を感じる「元箱根旧街道杉並木」、芦ノ湖と富士山、そして湖面に映える赤い鳥居がポスターなどでも使われてきた“THE箱根ビュー”「箱根の眺望」、江戸幕府が設置した関所を再現した「箱根関所」などなど、見どころが盛りだくさん。箱根地元のスイーツやパンのお店なんかも点在しています。最後は“あの憧れの場所”箱根駅伝ミュージアム横でゴールイン!そして、なんと完走賞として「箱根駅伝ミュージアム入館券」もしくは「海賊船乗船券」がもらえるので、ゴール後も観光を楽しめます。ご家族やお友達とみんなで楽しく参加できる、箱根ランフェスのネクストスタープログラム“芦ノ湖ラン”を是非チェックしてみてください。

↓↓箱根ランフェス公式HPでランプログラムをチェックする

https://hakone-runfes.com/

◇高い有酸素運動効果に注目!芦ノ湖湖畔の景色を堪能しながら楽しむフィットネスウォーキング。

ノルディックウォーキング:ハードさ★★ 景色・観光★★★★ みんなで楽しく★★★★

ノルディックウォーキングってご存じですか?高い有酸素運動効果を持つノルディックウォーキングは、近年女性のシェイプアップトレーニングとして大注目なんです。もともとは、クロスカントリースキーの選手たちが、夏の間の体力維持・強化トレーニングとして行なっていた「スキーウォーク」を、ポールを使った簡単な歩行運動として紹介されたのが「ノルディックウォーキング」なのだそう。

背中・首・上半身を鍛えるだけでなく、姿勢の矯正・腕の振りにも効果的で、ランナーズニーの予防、レース以降の調整に適しているため、ランナーさんにおすすめのスポーツです。さらに、ポールを使った全身運動で、カラダ全体の90%の筋肉を動かすため、通常のウォーキングと比べて、30〜40%も高いカロリー燃焼率が実証されており、エアロビ効果によるスタミナアップと同時に筋肉のバランス調整ができます。理想的なシェイプのカラダづくりにもおすすめです!

↓↓箱根ランフェス公式HPでランプログラムをチェックする

https://hakone-runfes.com/

◇箱根が舞台のロゲイニング。チェックポイントを効率的に回って、高得点を狙おう!

箱根ランフェスロゲイニング:ハードさ★★ 景色・観光★★★★ みんなで楽しく★★★★★

■ランニングだけじゃない!フードやライブなどのフェス要素も満載!

■ランフェスだけじゃもったいない!箱根をまるっと満喫するのが上級者流◎

  • 便利でお得な“箱根ランフェスオフィシャルツアー”

箱根ランフェスをもっと楽しめる“箱根ランフェスオフィシャルツアー”を活用すると、会場へのアクセスが便利になったり、ランチや温泉付きツアーに参加できたりするのでとってもおすすめ◎。

 

小田原発着日帰りバスツアー

ランチ、温泉、富士ビューランエントリー権付きの小田原発着バスツアー。小田原駅に着いたらバスに乗り込んで出発!会場近くまで送迎してくれます。走り終わったて、ランチと温泉を楽しんだ後、小田原駅まで送ってくれるので、芦ノ湖キャンプ村までのバスの乗り換えが大変、駐車場はどうしよう。。。とご心配の方には強い味方です。こちらの日帰りツアーでは、JTBランナーズステーションで様々なホスピタリティが受けられます。

 

首都圏発着アクセスバスツアー

東京と横浜から、アクセスバスが運行いたします!会場近くまで送ってくれるので、安心です。

 

  • 近隣宿泊施設に泊まって、お得にエントリーしよう♪“公式宿泊プラン”

詳しくはこちら⇒https://hakone-runfes.com/

↓ ↓ エントリーはこちら ↓ ↓
https://jtbsports.jp/events/events-detail.php?id=7143

たくさんのお申込みお待ちしております😀