体重3桁超え、そこからは才能

皆様、こんにちは!

いよいよ8月に入り、夏本番の暑さが顔を出してきたように感じられます。

名古屋場所は大関陣が全員休場し、盛り上がりに欠けるかのように思われましたが、二横綱が安定した取り組みで白星を積み重ね、千秋楽まで優勝を争い場所をビシッと締めてくれました。

しかしながら、今場所の幕内の土俵を大いに盛り上げたのは、やはり炎鵬関照強関、この二人の小兵力士でしょう。両力士ともに、170cmに満たない大相撲の世界ではあまりにも小さな身体ながら、今場所の技能賞と敢闘賞をそれぞれ受賞する大活躍を見せました。

同じ小兵力士でありながら、二人の相撲スタイルは全くの正反対。

炎鵬関はスピードで相手を翻弄し、相手の懐に潜りこみながらの変幻自在の投げ技は大型力士にとっても脅威です。その端正なルックスと多彩なひねり技のレパートリーから「ひねり王子」とも呼ばれています。

一方の照強関は、筋肉質な体型と強靭な足腰、そして何よりその顔つきや佇まいから滲みでる負けん気の強さ。時に足取り等の飛び道具も見せながらも、基本は誰が相手であろうと真っ向勝負。時には自分の倍はあろうかという力士を吊り上げ、真正面から電車道で寄り切ることさえあります。

近年力士の大型化が取りざたされている中、上記二力士のみならず、石浦関、若隆景関を含む大波三兄弟、霧馬山関の活躍を見るに、今角界に小兵力士あるいはソップ(細身)力士の波がじわじわと起こっているのを感じずにはいられません・・・!

さて、来月は舞台を再び東京・両国国技館に戻し、9月場所が始まりますが、同じく東京で開催されるランニングイベントの紹介です。

-TODABASHI 30K (トダバシサーティーケー)-

年明けのフルマラソン対策に、5パターンのペースから、⾃分に合ったペースメーカーを選んで記録を狙おう!<4.00 4.30 5.00 5.30 6.00>会場内にはコンディショニングブースを設置して、レース前後にランナーをしっかりサポートします。

↓エントリーはこちらから↓

https://jtbsports.jp/events/events-detail.php?id=7047

ちなみに、角界の用語で大食いの事を「えびすこ」と言うそうです。ごっつあんです。