オリンピックコースを走ろう!

 「第15回白馬スノーハープクロスカントリー大会」を紹介します。
 会場の白馬スノーハープは1998年長野冬季オリンピックで『ノルディック複合』と『クロスカントリー』の競技が行われたオリンピック施設で、コースは芝生広場をスタートし、木立の中を走り抜ける爽やかなコースです。
 1日目(7月21日)は駅伝、2日目(7月22日)は個人種目です。個人で、グループで楽しくご参加ください。駅伝では全国の消防署員・消防団員を対象としたファイヤーマンの部門があるのも特徴です。
 また、スペシャルゲストとして富士通陸上部 福嶋監督をはじめ富士通陸上部駅伝チームのみなさんがお越しくださいます。ニューイヤー駅伝の強豪チームによるランニング技術向上を目的とした講習会の開催もありますので、是非ともご参加いただければと思います。
 大会期間中は白馬村で「白馬Alps花三昧」が開催されているほか、大会参加者には温泉施設の入浴割引、白馬ジャンプ競技場やオリンピック記念館への無料招待などの特典もあります。その他にも会場では地元観光協会や婦人団体等による手打ちそば・地場産の漬け物など振る舞いも予定しています。ランニングの後には温泉や白馬の花巡りなどで疲れを癒していただき、白馬をまるごと楽しんでいただければと思います。




エントリーはこちらまでお願いします。