2012年度 岡山県サイクルスポーツ協議会イベント計画をご案内します。

【大会名】春の宗谷山MTB2時間耐久レース
【開催日】3月25日(日)
【内容】アットホームな大会。ハードでテクニカルなコースは定評がある。(1)小学生、初心者対象のファーストステップスクールと初心者から初級者へのステップアップスクールを開催(2)2.7km/周の本格的MTBコースでの耐久レース

【大会名】メディオフォンドシリーズ.雲海ステージ 
【開催日】4月8日(日)
【内容】[メディオフォンドシリーズ]は交通事情が良く、季節的にも景観の良い地域を選んでいます。距離は50km程度ですが、高原.山岳地帯の起伏が多く体力、脚力が必要です。各自のタイムを計測しますがレースではありませんので“サイクリング”を楽しんで下さい。全長.約50km 最後に7km/平均7%程度の坂が待っている!コースは桜満開の自転車道と桜吹雪の激坂が楽しめます!

【大会名】第3回.カートコースクリテ&キッズロード
【開催日】5月5日(土.祝)
【内容】カートコースは700m/周の完全フラットなコースですので、キッズでもテクニカルなコースを楽しんで走って頂けます!クリテリウムはタイムアタック及びクラス分け準決勝を行いAクラスからCクラスまで、実力の揃った各クラスの決勝レースをお楽しみいただけます!!(タイムアタック、準決勝、決勝と3回のレースが楽しめます)

【大会名】春の中山6時間耐久レース
【開催日】5月6日(日)
【内容】[チーム]は人数別クラス分けと[ソロ]は年代別クラス分けを採用。コース全体が見渡せるサーキットコースは2km/周でアップダウンが多く、ハードでテクニカルなサーキットコース。
   
【大会名】(J3)吉備高原MTB&キッズ.ジュニアマウンテンバイク中国地区大会
【開催日】5月20日(日)
【内容】JCF登録者クラス、一般ビギナー、ノービスクラスと小中学生クラス。小学生と中学生の成績優秀者は8月の[白馬スノーハープ全国大会]へ推薦します。対象者は中国5県在住者ら限り、参加費が免除となります。1.7km/周の常設MTBコース。

【大会名】スーパーメディオフォンド.津黒高原ステージ 
【開催日】7月29日(日)
【内容】[メディオフォンドシリーズ]の中で最長.最強のフルコースを設定しました。全長100kmの山岳コースですが、5つの峠を走破するかなりハードなコースです。ミドルコースとして、79kmを用意していますので、自分の体力、技術に合せてご参加下さい。ロングコース-約100km 累計登高距離約2675m 5つの峠があるハードな山岳サイクリング。ミドルコース-約79km 累計登高距離約1750m3つの峠があるハードな山岳サイクリング

【大会名】真夏の中山ロードフェスティバル 
【開催日】8月19日(日)
【内容】ロードレース復活!チームT.Tは合計年令別クラス分け(3名の合計年令)。ロードレースは年代別クラス分け。コース全体が見渡せるサーキット。2km/周のアップダウンが多く、ハードでテクニカルなサーキットコース。

【大会名】第4回 ヒルクライムinダルが峰 
【開催日】9月30日(日)
【内容】岡山県内最強のヒルクライムコース。距離約13km、標高差約800m、最大斜度14%の激坂のあるダルが峰林道を走破する!帰路はスタート会場まで14kmのダウンヒルが楽しめる!スタートはいきなり10%超の大規模林道の激坂がスタート。ダルが峰林道へ入ると14%超の激坂が待っている、後半は比較的緩やかな傾斜になる。

【大会名】秋の中山4時間耐久レース&キッズロードレース 
【開催日】10月28日(日)
【内容】おなじみキッズロードレース&耐久レース。[チーム]は人数別クラス分け、[ソロ]は年代別クラス分けを採用。コース全体が見渡せるサーキット2km/周のアップダウンが多く、ハードでテクニカルなサーキットコース。

【大会名】メディオフォンドシリーズ.奥吉備ステージ  
【開催日】:11月11日(日)
【内容】[メディオフォンドシリーズ]は交通事情が良く、季節的にも景観の良い地域を選んでいます。距離は50km~100km程度ですが、高原.山岳地帯の起伏が多く体力、脚力が必要です。各自のタイムを計測しますがレースではありませんので“サイクリング”を楽しんで下さい。全長.約89kmの奥吉備街道から吉備高原を走破する、アップダウンの多い高原コース。

【大会名】2012.MTBフェスタin宗谷山 
【開催日】11月25日(日)
【内容】アットホームな大会。ハードでテクニカルなコースは定評がある。(1)小学生、初心者対象のファーストステップスクールと初心者から初級者へのステップアップスクールを開催(2)自転車キッズ検定(3)2.7km/周の本格的MTBコースでの耐久レース

【ホームページ】http://okayama-cycle.com/