JTB法人大阪ランニング倶楽部通信 Vol.5    「応援の大切さ」

今年、JTBに入社しました新入社員の椙村一弘と申します。
先日といっても一か月ぐらい前に「大阪スイーツマラソン」というマラソン大会に
私たちランニング部は参加させていただきました。
今日は、その感想をブログします。少し遅いですが・・・・。スイマセン!

まず、「スイーツマラソン」と聞いたときはびっくりしました。
なぜなら、走った分だけ食べてよし!その考えにのっとっているのですから。

私たちは、約2kmのコースをたくさんの人で繋いでいくリレーマラソンに参加し、42.195kmを走破しました!
私は最初の走者で走ったわけですが、他の参加者の方々の早い事!
最初から圧倒されてしまいました。

ただ、ランニング部の皆さんの応援が物凄く心に伝わってきて、
これは何とかタスキをうまいこと繋いでいかなければ・・・という想いでいっぱいでした。

自分のペースなどなく、とにかく速く走る。そんな気持ちで、2kmを走りきる。
ただ1.5kmを過ぎたころから、本当につらい気持ちになりました。
足は上がらず、呼吸はあがってばかりという状況の中で、仲間の応援があると、
精神面で無になるといいますか、とにかく足が前に出ました。

仕事でも部活でも応援は、気持ちを前向きにさせてくれます。
それは声を出した方が、より伝わってきます。
想いをそのまま中で閉じ込めるのではなく、ちゃんと伝える。
その伝達こそが、モチベーション向上に繋がると思います。

次の人に、タスキを渡した時の記憶は、1か月たった今でも忘れることがありません。
そんな鮮明な記憶も、応援があったからこそだと思っています。

チームワーク、チームビルディングといった言葉がありますが、何か行動してこそ実現できるものだと思います。
それを、心に留めておきます。

スイーツマラソンは、走った人に文字通りお菓子が無料で配布されたわけですが、
乾いた喉に、チョコレートというのもまた、何とも言えない経験となりました^^
今度は海外マラソンでも行けたらなぁと思っています。