第1回 スイーツマラソン in 大阪 ~ありがとうございました~

関東では、つくばマラソン、河口湖マラソン、江東シーサイドマラソンなどが開催された日曜日、大阪でも面白いランニングイベントが開催されました。

関西のメディア様を中心に、ニュースや新聞などでも多く取り上げていただきましたが、11月28日(日)に大阪城公園で「第1回 スイーツマラソン in 大阪」が開催されました。

JTBスポーツステーションでも、今回は企画・エントリー・運営を中心にお手伝いをいたしました。
全く新しいコンセプトの大会ですので、どうなることやらと思いましたが、皆様のお陰で楽しい大会になりました。本当にありがとうござまいした。

でも、スイーツマラソンって、どうして企画されたのでしょうか・・・?という疑問もお持ちかと思い居ますので、実はスイーツマラソン実行副委員長の私から、ご説明申し上げます。

「スイーツマラソン」の名前が産声を上げたのは、1年前でした。
現スイーツマラソン実行委員長の矢島友幸さん(株式会社バリュープラス様)が、「スイーツマラソンって、どう思いますか?」という言葉を耳にして、「これは面白い!」と即座に思いました。
そもそも、矢島さんとは仕事上でのご紹介で知り合いましたが、ともにランナーということもあり、すぐに打ち解けました。それから、矢島さんが様々な方を巻き込みながら、徐々に実現に向けて動き出しました。JTBスポーツステーションも、エントリーや運営をお手伝いすることができますし、私自身がスイーツマラソンノ可能性に大きな期待を持っておりましたので、出張で東京に行く度に情報交換をしてきました。スイーツマラソンというコンテンツは、JTBスポーツステーソンが掲げる「地参地走」というコンセプト、地域活性化にも絶好ではないかとも感じていました。

でも、このようなイベントは、アイデアや構想をいかに実現するか、実現ができず消え去ったものも多くあります。ですが、矢島さんの熱意で2010年の春に第1回実行委員会を立ち上げることができました。
あれは忘れもしない4月26日、とくしまマラソンの翌日、東京で第1回実行委員会兼決起集会が開かれました。場所は、実行委員会メンバーのお一人の向井さん(株式会社モンテローザ様)のお店・新宿の「笑笑」で盛大に開催されました。
そこでは東京でランニングの仕事に携わっていらっしゃる多くの皆様とも知り合うことができました。(皆様については追ってご報告いたします・・・・。)

それから、具体化を進めて行ったのですが、まずは第1回大会を実現しなければならないという思いのもと、会場など様々な要素から、「食い倒れの町・大阪」で第1回大会を開催することになりました。

日程、会場の手配などを済ませて開催要項が固まったのは8月、エントリー開始は開催3ヶ月前という慌しい日程で、十分な告知活動もできなかったのですが、一味違うコンセプトがうけたのか、最終的に1,700名様を超えるお申し込みをいただきました。本当はもっと多くの方にお越しいただきたかったのですが、残念ながら安全面を考慮し、早々にエントリーを締め切った種目もありました。ご参加いただけなかった皆様、本当に申し訳ございませんでした。

肝心のスイーツ、こちらはバリュープラスさんやご協力いただいた皆様のお陰で、多くのお店から出展いただきました。JTBスポーツステーションでも、運営に向けた諸調整を行い、いよいよ11月28日(日)当日を迎えました。
前日の天気予報も晴れ!、設営も前夜のうちにほぼ完了!と勢い込んで5時に家を出ると・・・、雨!まだ、夢でも見ているのかと思いながら、会場へ・・・。道路も結構濡れている・・・。幸い、雨はしばらくすると上がり、日差しも出始めました。会場は少し湿っているものの、問題なし!
あとは、最終準備を進めていると、ボチボチと参加者の皆さんがお越しになります。

参加者の皆さん、主催者の想像を超える仮装をされています。その中を、「スイーツステーション」のシンボルである「マカロンタワー」を慎重に運び込み(すみません、実はマカロンを一個はがしてしまいました。ちゃんと元通りにしましたので許してください)、設置。皆さん、これをバックに記念写真を撮っています。中には「食べられるんですか?」という声も・・・。さすが食い倒れの町、でも残念ながら食べられません・・。

サンタランもスタート(サンタクロースが600人!)し、いよいよスイーツマラソンもスタート!
子どもから大人まで、笑顔満載で楽しく走っています。そして、走った後は、お楽しみの「スイーツステーション!」。朝から何も食べていない身としては、ついついつまみ食いの誘惑に駆られますがそこはぐっと我慢。皆さんの笑顔を見ることで我慢、我慢。私も9歳の子どもが一人いますので、特にお子さんたちがおいしそうに、うれしそうに食べている笑顔を見ていたら、それだけで幸せになりました。

真剣に走る方、楽しく走る方、様々な方が楽しく走られて、イベントは終了しました。
お帰りになる皆さんの手には、物産展(参加者には500円のクーポン付きですので、そちらをご利用いただいた方も多かったですね)で買われたお土産が・・・。

走るだけでも幸せになりますが、お腹も幸せになって帰途につく皆さんをお見送りして、本当にこのイベントが実現して良かったなと、感激しました。
(中には協賛いただきましたモンテローザさんからご提供いただいた利用券をご利用になって、アルコールマラソンのダブルヘッダーになった方もあったのでしょうね・・・)

今後に向けて改善していくことも多々あったかと思いますが、矢島さんを中心に抱いたあの日の「夢」が、そこに笑顔でご参加いただいた皆様の、そして出展などご協力いただいた皆様のお陰で本当に実現しました。

皆様のためにも、スイーツマラソンがより良いものに、ご参加される方や、地域の皆様、このスイーツマラソンに関わる皆さんが、みな幸せになるようなイベントになるように、頑張っていこうと思います。

これからも、よろしくお願いします!!

“元気でっせ!関西 なにわラン大阪城公園2010 ~★スイーツマラソンin大阪★~結果発表!~

【スイーツマラソンⅰn大阪 結果発表】
昨日は約1700名の参加をいただきました。マラソンとスイーツはいかがでしたか??
スイーツマラソンの結果を発表いたしま~す!

ハーフの結果
10km(一部)の結果
10km(二部)の結果

リレーマラソンの結果
シャッフルランの結果

第2回明石公園リレーマラソン 結果掲載!

昨日、2010年11月28日(日)に「第2回明石公園リレーマラソン」が盛大に開催されました。
リレーマラソンの部に94チーム(763名)、シャッフルランの部に4チーム(32名)、親子マラソンに44家族(109名)のご参加をいただきました。
リレーマラソンとシャッフルランの部の計測タイムを掲載させていただきます。

2010明石リレーマラソン結果
2010明石シャッフル結果

また、来年もご参加をお待ちしております!!

元気でっせ!関西 なにわラン大阪城公園2010 ~★スイーツマラソンin大阪★~参加者の方、応援の方、ありがとうございました

皆さま、お疲れさまでした。木々がきれいに彩色されていたので、気持ちよく走られたのではないでしょうか。私は、写真撮影で巡回していたに過ぎませんが、少し筋肉痛となりお風呂に浸かって眠ってしまいました。皆さまはいかがでしょうか、本日がんばった、身体をぜひいたわってあげてください。(T)

JALホノルルマラソン直前情報~その②~

いよいよ近づいてきたホノルルマラソン!
フルマラソンを走り(歩き)きる準備は大丈夫ですか?
コースの注目すべきポイントをお教えいたします。

①約5km地点のサンタクロース像
 多分今年も夜のマラソンロードにサンタクロースのイルミネーションがあるはずです。
 撮影スポットですので、お見逃しなく!

②約8~9kmのカラカウア大通り
 ホテルのスタッフの方等、大勢の応援が出ています。
 また、トイレを済ますならホテルのトイレを拝借!
 ご自身のホテルでできるだけお済ませ下さい。
 朝の弱い応援の方は、ここの地点で応援するのもいいでしょう!

③永遠と続くハイウェイ道路
 ゆっくり型の方はハイウェイの反対車線でトップランナーとすれ違います。
 谷川真理や長谷川理恵など有名な選手も応援できます。
 出来るだけ中央分離帯側を走っておいてください。

④最後の力「ビールのエイドステーション」
 約35km地点のカハラ地区である民家の方がバドワイザーのエイドステーションをしてくれているはずです。
 5時間くらいまでのゴールタイムの方くらいで打ち止めになりますので、頑張ってください!

また、ホノルルマラソンはまだまだ間に合います!
12月9日、10日発の直行便利用6日間 お一人様175,800円から設定しています。
詳しくは、
ホノルルマラソンツアー
お申込はこちら

グアムロングライドへの道<準備編>

 こんにちは。
 1月23日(日)に行われるグアムロングライド2011。真冬の日本を抜け出して、暖かなグアムでロングライドを楽しめる企画です。
 今回から毎週木曜日は「グアムで走る」ことについて、ご紹介をしていきたいと思います。
 今週はロングライド向けの足回りお奨めセットアップをご紹介します!

 まずは、軸受けのベアリングを変えて、かるーいペダリングを実現する、「TNIのセラミックベアリング」。
TNIのセラミックベアリング
 ペダルの付け根の銀色のものがそれ。もし完成車で購入されたときのままの状態から、これに変えるとめちゃくちゃ軽くなったペダルの回転に感動すること間違いなし!ロングライドの際の足の負担を軽減できます。お値段は12000円くらい+工賃

 写真がないのですが、TNIから発売されているセラミックのプーリーがあり、これもチェーンの回りが一気にスムーズになるお奨めアイテムです。(こちらは6~7000円程度で交換できます)

 続いてホイールとタイヤ。比較的安く交換できて、効果が実感できるのがタイヤではないでしょうか?
EXTENZAとMAVICキシリウムSL

 これもエントリーモデルの完成車についているタイヤから交換すれば、おそらく同じペダリングで5km位は巡航速度が上がると思います。下り坂でもスムーズに転がってスピードが上がることを実感できるはず!ブリヂストンのEXTENZA、ミシュランのPro3あたりは非常に人気がありよく使われていますよね。2本で10000円ちょっとで交換できます。
 ホイールはお好みでひろーい価格帯でありますが、今なら2010年モデルの在庫処分でお安くなっているものがあるかも・・・。ホイールも交換すれば、一気にスピードが変わる摩訶不思議アイテムです。

 最後にペダル。
 長距離を走ると膝痛があって困っている方いらっしゃいませんか?そんな方にお奨めなのが、膝痛解消が代名詞の「スピードプレイ」のペダル。
スピードプレイのペダル

 しっかりとパワーを伝導できることは変わらず、足の可動域が広いので、膝や足に負担がかかりにくい構造になってます。プロでも愛用者多数。
 個人的には付け外しに力があまり要らないので、立ちゴケが不安なビンディングペダル初心者にも向いているなぁと思っております。
お値段はシャフトの素材によりいろいろですが、写真は一番安いクロモリシャフトのもので、約14000円(ペダル2つと、クリート2つのセット)。いわずもがな靴は別途お買い上げ要です。

 グアムは距離こそ120kmですが、サンサンと降り注ぐ直射日光にさらされて、体力も奪われやすいですし、ほどよくアップダウンもありますので、少しでも楽に走ることのできるセットアップでお越しいただくのがよいと思います。

スイーツマラソンin大阪まであと4日

2010年11月24日撮影の銀杏

この銀杏がスイーツマラソン当日にも見られるはず?!

銀杏が黄色く色づいていました。ここはマラソンのゴールやリレーマラソンのたすきポイントとなる太陽の広場へむかう、最終直線コース。大阪府の木でもある銀杏並木に見守られながら、皆さんはどう走りますか?

東京マラソン日記⑦ ~つくばマラソン・スイーツマラソン~

今日は、東京マラソンの追加当選のお知らせがあったようですね!当選された皆さん、おめでとうございます。

東京マラソンまで3ヶ月となりました。
今週は東京出張でしたので、東京マラソンのコースを打合せの途上歩いたり、電車から見たりしました。3ヵ月後には、ここを走るんだと思うと、モチベーションもアップしてきます。
こんなに車が溢れている首都の道路を思い切って走れるのは、地域の皆様や大会運営をされる皆様のバックアップがあってからこそだと思いますので、感謝の気持ちは忘れないようにしたいと思います。

もちろん、マラソン大会は東京マラソンだけではありません。各地で様々な大会が開催されています。今週末は、東では1万人を超える参加者が集う「つくばマラソン」、西では新しいタイプのランニングイベント「スイーツマラソン」が開催されます。

皆さん、いろいろな想いを持って大会に参加されると思います。PBの更新、誰かとの誓い、スイーツを食べまくる・・・などなど。

ランニングスタイルは、まさに十人十色で、それぞれの楽しみ方で走れば良いと思います。
皆様なりの目的で、エンジョイしてください。

東京マラソンで、何をたのしもうかな?

JTBスポーツステーションホームページは →こちら

JTB法人大阪ランニング倶楽部通信 Vol..4   「走ることの意味」

今回私は、およそ1年半ぶりスタッフルームに登場させていただきます。
実は、前回のブログがあまりにオチャラケすぎて出入り禁止になっていました。
なので、今回は、とにかく真面目に・・・それにしても仰々しいタイトルですが、実は、これは三浦しをん著『風が強く吹いている』という小説のテーマになっています。
この物語の主人公清瀬灰二は、高校陸上界のトップクラスの長距離選手でしたが、膝を故障し、
記録の世界から離れることを余儀なくされます。
しかし、天才ランナー蔵原走(かける)と出会い、自分にとっての走ることの意味を見つめなおすため、ほぼ素人同然の仲間と箱根駅伝をめざす、というストーリーです。
ノンフィクションかな、と錯覚するほどリアルなタッチで描かれていながら、そもそもありえない設定であるため、
展開が読めず、一気に最後まで頁を捲ってしまうお薦めの1冊です。小出恵介主演で映画化もされています。
私は今年の夏この小説と出会い、そして、自分が会社の仲間と走る意味を考えてみました

記録には縁のない選手でしたが、中1からクラブといえば陸上部しか知らない私は、会社で理想とする組織のイメージにもその影響を強く受けています。
私の理想の組織とは・・・
自身の目標(記録)に向かって、一人ひとりが自分の責任で挑む。だからといって、決して一人で取組む(練習する)わけではなく、違う担務(種目)の仲間と助け合いながら、また足を引っ張り合いながら強い企業人(選手)へと育ち、その集合体として強い組織ができる・・・こんな感じです。
この小説では、主人公灰二のリーダーシップについて、こう表現されています。
『練習の方針を丁寧に伝え、必要とするものに少しアドバイスするだけ。
(中略)強要せず、罰則を設けず、走る気になるまで執念深いほどじっと待つ』 
          
これは、私にとって、まさに理想のマネージメントです。
(残念ながら、現実の私は彼には程遠く、執念深く待とうと思いつつも、求められるスピードと伝わらない歯痒さに、日々格闘中です。。。)

こんな私が会社の仲間と走る意味・・・その答えは、もう一人の主人公蔵原走の言葉にありました。

『走るという行為は、一人でさびしく取り組むものだからこそ、本当の意味でだれかとつながり、結びつくだけの力を秘めている。』
『好みも生きてきた環境もスピードもちがうもの同士が、走るというさびしい行為を通じて、一瞬だけ触れ合い、つながる喜び』
『自分以外のだれかを恃(たの)む尊さを、俺ははじめて知った』

(恃む = たよりになるものとしてあてにする。力としてたよる。)

われわれランニング部も同じ支店で働き、それぞれの担務で高い目標に挑んでいます。
もちろん走ることを競う世界に身をおいているわけではないので、こじつけかもしれませんが、目標達成をめざす過程で、
誰かを恃むことができるありがたさ、誰かに恃まれる喜び、また誰かに恃まれたいと努める・・・
そういう気持ちは同じように大切と感じます。
週1回気が向いたときにだけ走るクラブ活動ですが、『走り』は、そんなわれわれにもつながりを与えてくれつつあります。
現在の支店は、百名からなります。できれば、全員がランニング部で走ってくれたらありがたいのですが、そう上手くはいきません。
しかし、いつからか「ランニング部以外の人と、どう接したら同じようなつながりが生まれるか」を無意識に考えている自分がいました。
そして、そんな私を見えないところで助けてくれているのが、同期であり、以前共に仕事をした仲間であり、
それから、ランニング部の仲間であることに気づきました。
いまの私にとって、ランニング部で走る時間は、本当に大切な時間で、何とか仕事を早めに切り上げて、必ず参加するようにしています。
過去の経歴も仕事でのやりがいも価値観も違う百人とどうすればつながりが持てるのか。
しかも、それは、決して馴れ合いではなくて、互いの立場・役割を理解した会社の組織として成立した結びつきでなければならない。
本当に難しいです。でも、これが今の私にとって、めざすべき箱根駅伝なんだと思っています。
今月我々はリレーマラソンにチャレンジします。
記録もさることながら、たすきがわれわれをどんな風につなげてくれるのかを考えるとわくわくします。
もし皆様の中で参加される方がいらっしゃれば、是非お互い楽しみましょう!

今回はオチャラケはなしでしたが、独り言の様な自己満足のブログですみません。
こんな話は、今までランニング部の仲間にもしたことはありません。
酔っぱらって説教くさい話をするおっさん、と思われるのがいやだという気持ちもありますが、
それより、一緒に半年走ってきた仲間は「そんなこと口に出さなくてもわかってましたよ。」と言ってくれるような気がしたのです。
今回は、せっかくいい機会をもらったので、まじめくさって書かせてもらいました。

「風が強く吹いている」は、個性豊かな面白い登場人物だらけのおすすめの1冊ですが、
個性のユニークさでは我々ランニング部も負けてません。今後は、彼らが、楽しいブログをリレーしていきますので、
是非またこのサイトにお越し下さい。

祝・名古屋グランパス優勝!!

Jリーグが始まってから18年目の今シーズン、名古屋グランパスエイトが初優勝しました。
実はグランパスサポーターの私は、こんな日が来るなんで未だに信じられません。

Jリーグが始まった頃は、ガンバやレッズとともにお荷物のように言われていました。(今では3チームとも強豪といっても差し支えないですね)リネカーに裏切られ、ベンゲルによって明るい未来が開かれると思いきや万年中位・・・。クラブのシンボル・ピクシーも引退してしまい、大阪にいるとグランパスの話題に触れることも難しくなってきました。

ところが、ピクシーが監督になり、その手腕は疑問視されていましが、これがまた久米GMとともにチームを建て直し、今年初優勝を迎えました。

ついこの間Jリーグが始まったようですが、もう18年・・・、高校を卒業する年代ではないですか・・。本当に長かった。

しばらくはこの感激を噛み締めたいと思います。

今年は、中日にグランパス、応援しているチームがともに優勝し、満足な1年でした。

私は主にランニングをしていますが、自身も満足がいくように楽しんで生きたいと思います。
見るスポーツ、するスポーツ、スポーツはやっぱり最高ですね!!

スポーツ情報サイト JTBスポーツステーション