ファミリーイベント各地で開催~プロ野球&Jリーグ~

このゴールデンウィーク、家族で様々なイベントに出かけられた方も
多いのではないでしょうか?

プロ野球やJリーグでもこの期間中、ファミリーを対象にしたイベントが
盛りだくさんでした!
中でも注目だったのは、参加型企画!!
プロの試合で行われているピッチや球場で、イベントに参加することができるのです。

パ・リーグでは、6球団による共同企画「ベースランニングで球場をつなごう!」
が開催されました。
※ベースランニングとは、「ホーム⇒一塁⇒二塁⇒三塁⇒ホーム」を
 走ることで、野球の練習方法等で使われています。
札幌・仙台・千葉・所沢・大阪・福岡のパリーグ各球場で開催されたこの企画は、
本日(5月6日)の京セラドーム大阪で、パ・リーグの各球場を結ぶ距離1,752km
に到達したそうです。

一方Jリーグで実施されたのは、、「Jリーグファミリーjoinデイズ」です。
家族が楽しめるイベントが、ゴールデンウィーク期間中の試合前後に、
各スタジアムで行われました!
ピッチでのミニゲームやキックターゲット等、工夫を凝らしたイベントが
各地で行われ、訪れた方は大いに楽しまれたことでしょうね。

日頃から憧れている、球場やピッチで遊べるのは、
子どもにとって、素晴らしい思い出になるでしょう!

今回は行けなかった方、実はこのような参加型企画、
ゴールデンウィーク期間以外でも、実施されていますので必見です!

子どもたちが芝生に触れられるイベント企画「Jリーグ百年構想 ピッチの日」
(2009シーズン内に各クラブで開催!第一回目は、5月16日(土)
豊田スタジアム)や、プロ野球各球場でのランニングやノックの体験企画等!

皆さん是非参加して、楽しんでくださいね!
JTBスポーツステーションは参加型企画に今後も注目していきます!
スポーツ界をみんなで盛り上げていきましょう!

Jリーグ(J2)観戦記-セレッソ大阪


5月5日(火)キックオフ:19:00 @大阪長居スタジアム
セレッソ大阪 1-0 FC岐阜
不安定な天気でピッチが滑りやすい中、両チームとも持ち味を出そうと戦っていたように見えました。中2日というハードなスケジュールでフィジカルへの影響なのか、前節攻めても攻めても破れたメンタルへの影響なのか、セレッソ大阪のパスをつなぐサッカーがスムーズには機能しにくかったようにも見えました。岐阜がバックスと中盤の2ラインを揃えてスペースを消して中心選手にはリトリートして、奪ったら速攻を終始行なおうとして、たま~に成功していた(得点には結びつきませんでしたが)というのも苦しんだ要因でしょう。
さて、得点が決まったのは後半です。後半開始早々は前半よりはセレッソが押し込まれる展開。そんな中イエローカードをもらった中盤の酒本選手に変わって入った平島選手が流れを押し戻しかけます。そこで、石神選手が上げたセンタリングをカイオ選手がヘディングでGOAL!
普段セレッソの試合を見ない(昨年の5月3日以来の生観戦)私としては、0-0の状況でなんでMF→DFなの?と思って観てたのですが、その後のポジションから見て平島選手は左サイドバックだったんでしょうね。3バックではサイドバックとは言えませんが、失礼しました。
その後の流れはセレッソ大阪にとってあまりよくないながらも、虎の子の1点を守りきって勝ち点3をGETしました。
今回約1年ぶりのセレッソ大阪観戦で楽しみにしていたのは、①日本代表の香川選手・元野洲高校の乾選手・U-17代表だった柿谷選手、②今月27日の日本代表戦・キリンカップ観戦の予習。①は時々チャンスはあったものの、やはり得点に絡んだプレーが見たかったものです。この試合では、マルチネス選手が落ち着いてました。香川選手はよく動いていたもののマークに結構苦しんでいた印象でした。乾選手は、前半良かったのですが後半少しバテタかなと思っていたら交替しました。柿谷選手は、どうも伸び悩んでいるらしくベンチにも入っていませんでした。②の方は、ショップや屋台を見ながらスタジアムをウロウロとしたので、充分できました。日本代表戦はまた改めてレポートします。
そういえば、昨年の試合も1-0(vs徳島ヴォルティス)でした。セレッソの爆発を早く生で観たいものです。
(H)