とくしまマラソン 2009 完走レポート TRAVEL & SPORTS(トラベル&スポーツ) 

第2弾レポートはこちら

自宅から近いスポーツ大会に出るのも良いものですが、たまには遠出をしてみるのも楽しいものです。走るだけではなく旅行も一緒に楽しんじゃいましょう。今回は、4月26日に開催された「としくまマラソン 2009」に参加がてら、四国旅行も楽しんできました。

大会前日、車で四国に向かいます。行きと帰りで同じルートを通っても面白くないので、行きは瀬戸大橋経由で四国へ向かいます、というのは嘘で讃岐うどんの超有名店「宮武」になるべく早く乗り込むためです。猛烈な雨や強風で50キロ規制にもマケズ四国へ、そして「宮武」へ。

宮武 うどんと天ぷら
宮武 うどんと天ぷら
しばし待って食べたうどん、やっぱりおいしかったです。「あつあつ」と「ひやあつ」を注文しましたが、個人的には「ひやあつ」かな?大会前日なので、揚げ物は・・と思いつつ、ゲソとちくわのてんぷらも食べてしまいました。これもおいしかった!やっぱり「宮武」!!
もう一件くらい行きたいので、その前に腹ごなしに「こんぴらさん」へお参りに行こうと思いましたが、雨がひどいので、丸亀の「うちわの港ミュージアム」へ。ここは無料ですが、面白いうちわや可愛らしいうちわがいっぱい展示されています。うちわ作りの実演もしていて、係りの方が骨組みを作る行程を体験させてくれました。ありがとうございました!
うちわの港ミュージアム
うちわの港ミュージアム

うちわの港ミュージアム
うちわの港ミュージアム

長田in香の香
長田in香の香
その後、讃岐うどんめぐりで2件目の「なかむら」に迷いながらたどり着きましたが50分待ち!なのであきらめて、善通寺インター近くの「長田in香の香」へ。釜あげ、ダシも含めて満足です!

油物を食べ過ぎてしまいしたが、明日に向けたカーボローディングもOKということで、一路徳島へ向かいます。とくしまマラソンEXPOが開催されているアスティとくしまで、受付を済ませブースなどを見て回った後、宿泊ホテルへチェックイン。

とくしまマラソンEXPO
とくしまマラソンEXPO

さて、夕食はどこに行こうか?と同行した家族に聞くと「折角なので一鴻!」とのこと。「一鴻」は骨付き阿波尾鶏で有名なお店です。消化の良いもののだけにしておこうと思っていたのですが、家族が注文した鳥料理の数々の誘惑に負けて、ついつい食べてしまいました。
一鴻の骨付き鶏
一鴻の骨付き鶏

その後ホテルへ帰り、早めに就寝。徳島の街は、ランニングシューズなどをはいていて明日のマラソン大会に参加するとおもわれる老若男女が溢れて、盛り上がっていました。

いよいよ大会当日。ところが強風が吹き荒れています。おまけに寒い!暑いと思って、その準備しかしていませんでしたが、まあ何とかなるだろうと会場へ向かいます。

スタート直前
スタート直前
スタートの40分前に荷物を預けてしまうと寒さが増します。それにしても、大会運営の皆さん、本当にきびきびと対応していただいて感謝、感謝です。係員の方の指示に従い所定のスタート位置に。そこでセレモニーがあったのですが、ゲストランナーの有森裕子さんの「こんな日(強風が吹き荒れる日)は風と闘ってはいけません」という言葉が印象に残りました。
そして、いよいよ9:00ちょうどにスタート。骨折が完治せず痛みがひかず、思ったような練習ができなかったので、完走できればいいかなと気楽に走り始めました。吉野川大橋を渡り吉野川に沿って上流に向かって走り出すと、正面から10メートル以上の強風が吹きつけてきます。これが20キロ以上続くかと思うとうんざり。でもやはりレースになるとついつい頑張ろうとすると、目一杯風の抵抗を受けて時には前に進めなくなったり吹き飛ばされそうになります。ここでふと有森さんの言葉を思い出しました。これが風と闘うことなんだと。そこからは力を抜いて無理をせず完走を目標に切り替えました。途中、風だけではなく雨も正面から降ってきましたが、そんな時力づけられたのは、沿道の皆さんの応援です。こんな天気なのに椅子にすわってランナーの皆を応援してくれた、おじいちゃん、おばあちゃん。吹き飛ばされそうな横断幕を一所懸命持ちながら応援してくれた幼稚園や保育園の子ども達(。何人もの皆さんとハイタッチをすると、辛さも忘れます。一瞬でしたが皆さんと触れ合えて、本当に嬉しかったです。感動しました。本当に徳島の皆さん、ありがとうございました。
折り返し点を過ぎ東へ向かうと、それまでゴーゴー鳴っていた風の音がぴたりと止みました。風が収まったのではなく、追い風になったのです。終盤、昨晩の油物の食べすぎが悪かったのか、腹痛がひどくなりばてましたが、後半も徳島の皆さんの声に励まされ、何とかゴールにたどり着くことができました。1年前から走り始めて2回目のマラソンで、最悪のコンディションにも関わらず前回記録を更新して何とか完走して、記録は3時間12分でゴールできました。途中、自身の弱気の虫が何度も顔を出しましたが、徳島の皆さんの声援で勇気づけられ最後まで走ることができました。皆さんの声がなければ、きっとリタイアしていたと思います。
ゴール後も、ゼッケンを見つけるや否や預けた荷物を持ってこちらまで走って持ってきてくれた高校生の女の子、無料のマッサージをしてくれたお兄さん、おいしいうどんをご用意いただいたお母さん方、本当に温かく優しさ一杯の大会で、昨年の好評価以上と感じました。本当にありがとうございました。本当に素晴らしい感動的な大会だと思います。

午後は徳島観光を楽しみます。「はなはるフェスタ」が開催中でしたので、阿波踊りを見たり、徳島ラーメンの食べ比べ、和紙づくり体験、藍染体験などで楽しみました。

はなはるフェスタ 徳島ラーメン博覧会
はなはるフェスタ 徳島ラーメン博覧会

ひょうたん島クルーズ
ひょうたん島クルーズ
また、ひょうたん島クルーズ(これが保険代100円は必要ですが無料なのです!)で川から徳島の町を見たりした後、とくしまマラソンの後夜祭を見学に行きました。
ここでは、サンカメラさん・パークスタジオハヤシさんが12.5キロ地点で撮影された写真をいただいたり、完走記念携帯ストラップをいただいきました。手作業で完走タイムの刻印をされていたようで、本当に記念になりました。
後夜祭 ランナーズフォトグラフ
後夜祭 ランナーズフォトグラフ

完走記念携帯ストラップ
完走記念携帯ストラップ

夕方まで徳島の町を楽しみ、今度は鳴門・淡路島・明石大橋を経由して自宅に帰りました。明石大橋のイルミネーションがひときわきれいに感じました。
さすがに、GW+高速料金の大幅割引で渋滞がいつも以上でしたが、途中夕食をとって20:00過ぎに帰宅しました。

マラソン大会に出る楽しみ、そこで地元の方と触れ合う楽しみ、それだけでも楽しいですが、「旅」も組み合わせると、もっともっと楽しくなります。是非皆さんも、家族や友達と旅行をしながら大会に参加してみてはいかがでしょうか?

*詳細は、後日JTBスポーツステーション「大会に参加しよう」にも掲載します。

さあ、明日も仕事だ、リフレッシュできたので頑張ろう!

<お知らせ>
JTBスポーツステーションでは、サイトオープン記念プレゼントキャンペーンを実施中です。締め切りは4月30日!!ご応募はこちらからお早めに!!!
***キャンペーンの応募は終了いたしました。***