皇居ラン情報 VAAMイベント

イベントの様子です
イベントの様子です
長野マラソンも盛況なうちに終わり、今週末は春のマラソン大会の人気大会の一つ「とくしまマラソン」も開催されます。これらの大会に参加する(参加された)、市民ランナーの方も多いと思います。今回は、その市民ランナーの聖地・皇居でトレーニングされる方に、面白いイベントがありましたのでお伝えします。

先週末4月17日(金)に、出張や勤務後に皇居ランを楽しむ方が知る人ぞしる麹町の銭湯「バン・デゥーシュ」でVAAMのイベントが開催されていました。「毎月17日はVAAM DAY」の大きなバナーとともに、ランナーの皆さんがおいしそうに試飲されていましたので、目にされた方も多かったと思います。
「VAAM」については、ドリフターズの高木ブーさんや高橋尚子さんのCMなどで目にされた方も多いと思います。今では、スポーツ系の雑誌にスーパーバームの広告など良く目にします。実は私はバームウォーターは何度か飲んだことがあったのですが、今回初めて「スーパーバーム」を試飲しました。もっと癖があると思ったのですが、全くそんなことはなくパイナップル風味でむしろ普通のスポーツドリンクよりおいしかったです。
当日はあいにくの小雨でしたが、17種類のアミノ酸パワーの説明などを聞いたりして、いつもよりがんばってしまいました。しばらく継続して試してみたく思いました。
ところで初めて知ったのですが、バームウォータはカロリーゼロなんですね。スポーツドリンクは少なからずカロリーがあるもののと思い込んでいましたので、びっくりしました。不勉強ですね・・・。ダイエット目的でランニングをされる方も良いですね。

このイベントは、毎月17日に開催されるようです。次回は、5月17日のようです。
抽選会なども開催されるようですので、皇居ランをご計画の方は参加されてみては?

JTBスポーツステーションでは、皇居ランのコース紹介をしています。皇居周辺のホテルや、GWのお出かけ先のご宿泊などもこちらからお探しいただくこともできますので、宜しければご利用ください。

長野マラソン 特派員レポート

「第11回長野オリンピック記念長野マラソン大会」は、
この時期の長野にしては暑いくらいの陽気の中、無事に終了しました。
参加された選手の皆さん楽しんで走れましたか?
長野マラソンといえば、先着順のエントリーが今年は数時間で定員になったというほどの人気大会。
今年は27カ国から8,000人以上の選手がエントリーし、大会も盛り上がりました。
地元長野市出身のJTBスポーツステーション特派員Sも、
4年ぶりに長野マラソンを観戦してきましたので、レポートします。

■4月18日午後(大会前日):長野到着
長野駅ホームに下りると、人・人・人。
今年は7年に1度の善光寺ご開帳開催もあって、流石に混雑の模様。
改札を出ると、早速マラソン歓迎イベントがやっていて、
ここから気分も盛り上がります。

長野マラソン歓迎イベント
長野マラソン歓迎イベント

続いて選手受付会場のビックハットへ。
多くのスタッフが暖かくランナーの皆さんを迎えていました。

受付会場①
受付会場①

受付会場②
受付会場②

更に足を伸ばして、エムウエーブ方面までコース下見に行ってみると、
今の長野はちょうどこんな感じ。
image0028

桃と梨の花が満開!!桃源郷のように咲き誇る花を見ながら、
長野の春を楽しみながら走れるのも長野マラソンの魅力の一つ。

最後は善光寺参拝へ。「皆さん明日完走できますように!!」

■4月19日(大会当日)
観戦ポイントはスタートから5キロ地点の善光寺手前付近。
コースの中では一番勾配が厳しい場所です。

8時30分:スタート時間にあわせて、和太鼓の応援が始まります。

和太鼓の応援
和太鼓の応援

8時47分:先頭集団が来ました。
優勝した招待選手のマチャリア選手も通過していきます。
その後一般選手も続々とやってきます。
招待選手と一般選手が一緒に走れるのも、長野マラソンの魅力の一つのようです。
続々とやってくる選手に応援する側も熱が入っていきます。
「頑張れー、頑張れー。」
手を差し出しながら応援している子供、応援幕を持っている人、
中には三重県から夜行バスで応援にきたという女性もいました。
この沿道の声援がランナーの皆さんを力づけ、勇気をつけるのですね。
その意味では応援の皆さんも大会を盛り上げる参加者なんだなあと実感しました。
image00212
image00213

9:時07分:特派員知人のY氏(長野市在住)が通過。
去年に引き続き2回目の挑戦。
練習のし過ぎで3月に足を故障したのが不安材料とのことですが心配なさそう。
今年も完走が期待できます。
9時:12分:特派員知人のT夫妻(東京在住)がそろって通過。
初出場。半年間の練習では20キロメートルまでしか走ったことがないので
完走できるか不安とのことでしたが、この時点ではまだまだ余裕です。
9時22分:最終車が通過し、応援終了。

大会は順調に進み、招待選手のケニアのマチャリア選手が
2時間11分21秒で4年ぶり2回目の総合優勝。
選手のみなさん、スタッフの皆さん、本当にお疲れさまでした。

さて、特派員の知人の結果はというと、
Y氏:4時間31分04秒で完走。
   「前半飛ばしすぎがたたって、昨年より20分も遅かった、くたびれた」とのこと。
   また来年も頑張ってくださいね!
T夫妻:5時間03分02秒で完走。
   「35キロ地点が一番辛かったが、とにかくひっきりなしに続く
   沿道の声援が励みになった、長野の人の温かさが分かった。」とのことでした。

完走後のT夫妻
完走後のT夫妻

今年の長野マラソンも参加された選手、応援をされた皆さん一人一人にとって、
思い出に残る大会になったのではないでしょうか?
懸命に走る選手の皆さんを観て、特派員も来年は是非参加しようと思っています。

最後に・・・・現在長野では5月31日まで善光寺ご開帳が開催されています。
高速代金の割引制度もあり、アクセスしやすくなりましたので、
ゴールデンウイークの予定が未定の方、是非春まっさかりの長野へ
訪れてみてはいかがでしょうか?
詳しくはJTBスポーツステーションまでお問い合わせください。
(ご宿泊はインターネットからもご予約いただけます)