Premier League (プレミアリーグ)再開

2010 FIFA World Cupの予選も一旦終え、各国のリーグそしてUEFA Champions Leagueが再開されます。もちろん、チャンピオンズリーグに4チームが残っているプレミアリーグも・・・。各国代表を多く抱えているその4チームの主力選手が出場した、代表国のワールドカップ予選結果から今週末の展望を勝手に占ってみたいと思います。(トルコ対スペイン以外は試合を観ていないので、あくまで結果からですのでご容赦を)
まずは、マンチェスターユナイテッド。キャプテンマークを巻いた選手から。クリスティアーノ・ロナウドのポルトガルは0-0の引き分け、パク・チ・ソンは1-0、ルーニー出場停止でおそらくでてくるテベスのアルゼンチンは1勝1敗。ということは、相性のいいアストンビラ相手でも、辛勝か引き分けではないでしょうか、せっかく快勝?したのに(イングランド2-1.セルビア3-2)ルーニーの他にリオ・ファーディナンドが怪我で出場微妙、ビディッチが出場停止なのが痛いのでは。
次に、リヴァプール。スペインが2連勝で波に乗るとみた。特に、2戦目トルコ対スペイン。アウェイで弱いはずが勝者のメンタリティが備わったのか逆転勝ち。その2点目を叩き込んだのがリエラ(1点目はシャビ・アロンソのPK)です。これが、フラム戦にも乗り移るのではないでしょうか。もちろんジェラード(イングランド)、カイト(オランダ)も勝っているのも好材料。カイトは2試合連続の得点(1試合目はPK)。ちょっと気になるのが、アルゼンチンのキャプテンだったマスチェラーノ。大敗したボリビア戦でもフル出場。従って、接戦にはなるかもしれません。
3位のチェルシーは、監督でしょう。2連勝。やっぱ手堅いですね。ドログバとカルーのコートジボワールは5-0で大勝。2人とも点を取って乗っているのではないでしょうか。ポルトガルは引き分けたもののそんなの吹っ飛んじゃいそうですね。なにげにセルビア代表でイヴァノビッチが点を入れてますし。個人的にはアラン・シアラー新監督となったニューカッスルには勝って欲しいけど、チェルシーが勝つでしょう。
FW陣が好調なのがアーセナル。アデバイヨルが唯一得点してトーゴが1-0で勝利。スコットランド戦で2点目を入れたファンペルシ(オランダ)は2戦目はベンチも入らず休養充分。クロアチアは2-0で勝利したが、2点目はエドゥワルド。これにセスクが戻ってくれば、問題なし?ギャラスやサニャが2戦とも出場したフランスはいずれも1-0。よく抑えたとみてもいいのでは。よって、ここはアーセナル快勝ではないでしょうか。
ただ、代表疲れもある上にすぐにチャンピオンズリーグもあるので、ニューカッスル対チェルシーの結果いかんでは、他の2チームがやや緩くなる可能性もありますね。あ、それでファーガソンは試合を日曜日にもってきたのかな。

リヴァプールはクレイヴンコテージでフラムとの試合
リヴァプールはクレイヴンコテージでフラムとの試合